タレントの田中義剛

写真拡大

 タレント・実業家の田中義剛(60)が16日放送の関西テレビ「マルコポロリ」(日曜後1・59、関西ローカル)にゲスト出演。借金4億円から年商10億円への大逆転を果たした牧場経営にまつわるエピソードを語った。

 空前の生キャラメルブームが去り、一時は花畑牧場倒産説や田中死亡説が流れた田中。次に勝負を仕掛けた「豚丼」でも1億5000万円の損失を出して撤退を余儀なくされ、その結果「飲食はリスクが高い。北海道で工場に徹しよう」と考えたという。

 牧場をはじめた時からチーズ販売を夢みていた田中は「大手が作らないようなチーズを作る」ことを目指し、様々なチーズ作りを試しては失敗を繰り返し「億単位の損失を出した」と語る。そんな中出合った「ラクレットチーズ」に希望を見出し、数億円の資金と3年の時間をかけて日本人向けの味に仕上げていった。

 すると、写真映えするラクレットチーズは世間のSNSブームに乗って若い女性を中心に話題を呼び大好評。さらに自社開発した専用オーブンを無料で貸し出すシステムを確立し、ついには日本のラクレットチーズのシェア90%を獲得、年商10億円を稼ぎ出すまでになった。

 大手企業を相手にも挑戦していく姿にMCの東野幸治(51)からは「田舎もんの強さ」と突っ込まれたが、田中は「怖くないんだよね。勝てると思うもん。そのくらいの強い意思がないと出来ないと思う」と胸を張った。

 田中が現在力を入れているのは、モッツァレラチーズの中に特製の生クリームを入れた「生モッツァレラ」。中から生クリームが出てくる、ラクレットと同じ「動きのあるチーズ」といい、今後は量産する予定だと力強く語った。