仏が旧植民地独立派への拷問認める タブー視されてきた残虐行為

ざっくり言うと

  • 仏のマクロン大統領は、旧植民地独立派を政府が拷問していた事実を認めた
  • 「汚い戦争」の国家責任を認めたのは、仏の歴代大統領で初めて
  • 旧植民地の独立戦争中などにおける、仏軍の残虐行為はタブー視されてきた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング