スニーカーはソールがひび割れていて、雨の日に履いたら靴下がズブ濡れになってしまった

写真拡大

 一向に上がらない給料、増え続ける税負担。終身雇用も崩壊し、気を抜けばいつ路頭に迷うかもしれない世の中だ。そこで、もしものときのために「衣・食・住」すべてを0円で揃える究極の生活をシュミレーション――。今回は「衣」編の“0円全身コーデ”だ。

◆0円で全身コーデは完成するのか?

 無料掲示板サイト『ジモティー』では物品売買のほか「あげます」というカテゴリーがあり、衣服も多数出品されている。

 仕事の合間にたびたびサイトをチェックするも、タダの衣服は出品されるや否やもらい手がつき、姿を消すばかり。一日中サイトに張りついていない限り、そうそうタダで服は手に入らないようだ。さらに面倒なことに、品物は基本的に“直接受け渡し”が原則。そのため居住地によってもらえるorもらえないが、かなり限られてしまう点は否めない。

 とはいえ、Tシャツやデニム、スニーカー、ときにはスーツも出品されるなど、あらゆる面倒さに目をつぶれば全身0円コーデが可能なことが判明。記者も1週間足らずでデニムとスニーカーをゲットできた。

 ちなみに、あるドケチ猛者の証言によると「ユニクロの“3か月以内返品制度”を利用すれば、タグを外した商品、裾上げした商品でも返品OK。うまいこと購入→返品を繰り返せば、年中0円で服は揃えられるのだとか。実にセコすぎるやり口だが、もちろん悪用は厳禁だ。

― [ドケチ節約]甲子園 ―