カネロ(左)とゴロフキンの一戦に称賛の声が集まっている【写真:Getty Images】

写真拡大

レブロン・ジェームズら大物がこぞって“興奮ツイート”発信

 ボクシングのWBAスーパー、WBC世界ミドル級タイトル戦12回戦(ラスベガス)は15日(日本時間16日)、挑戦者のカネロこと元2階級制覇王者、サウル・アルバレス(メキシコ)が絶対王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)に2-0(115-113、115-113、114-114)で判定勝ち。米メディアは激闘の後に熱い抱擁を交わした印象的なシーンを画像で公開するなど、反響を呼んでいたが、NBAスター、人気アーティストなど、米国のあらゆる大物たちがこぞって大興奮の声を上げている。

 まさに全米の熱視線を集めた激闘だった。1年ぶりに相まみえたゴロフキンとカネロ。しかし、互いに引かず、最終ラウンドまで打ち合った。2人は力尽きることなく、12ラウンドのリングに立ち続けた。ゴングが鳴ると、どちらからともなく抱き合い、健闘を称え合った。ファンを大興奮させるに相応しいバトルとなった。

 米スポーツ専門局「ESPN」の人気番組「スポーツセンター」公式インスタグラムは「なんてバトルなんだ」とつづり、試合後に両者が抱き合った印象的なシーンを画像付きで紹介。しかし、判定はカネロ勝利。ついに無敗の王者ゴロフキンが陥落した。海外メディアも続々速報しているが、各界の大物もツイッター上で熱狂の声を上げている。

 NBAのスーパー、レブロン・ジェームズ(レイカーズ)は「自分が見た中でベストの試合の1つだ。カネロとゴロフキンによる最後までの争いだった。両者の戦いに敬意を贈るよ」と最敬礼。元NBAスターで、バルセロナ五輪金メダリストのマジック・ジョンソン氏は「ゲンナジー・ゴロフキンを倒したカネロ・アルバレスおめでとう!」と祝福している。

エンタメ界からも続々、米人気タレント「カネロは忠実な侵略者だった」

 総合格闘技UFCの元ライト級、ウェルター級王者、B.J.ペンは「カネロとゴロフキン、ありがとう! 何という驚くべき試合だ」と興奮気味につづった。また、スポーツ界のみならず、エンタメ界からも興奮の声が届いている。

 人気タレントのスティーブン・アンソニー・スミスは「カネロは忠実な侵略者だった。私は彼が勝つと予想していた。しかし、第1ラウンドはゴロフキンが勝っていたと思う」、人気ヒップホップアーティストのチャンス・ザ・ラッパーは「カネロは23歳のときメイウェザーと戦った時に見つけた。偉大なるゴロフキン相手に驚くべき試合をした。おめでとう、カネロ」とつづった。

 全米の注目度の高さを表すように、カネロ―ゴロフキンの歴史的激闘は、各界の大物から続々と反響が寄せられている。(THE ANSWER編集部)