根強いファンが多いサメ映画。

筆者はサメ映画にはそれほど詳しくないのですが、噂に聞くところでは、サメでトルネードを起こしたり、サメが家の中で人間を襲ったり、頭が5つあるサメがいたり、なぜか下半身がタコになっていたりするなど、サメ映画のやりたい放題はとどまるところを知りません。もっとやれ。

そんな無法状態のサメ映画界に、満を持してあのジェイソン・ステイサムが殴り込みを駆けました! しかも相手はサメ界最大のサメ、あのメガロドンです。これだけで期待が爆上がりしてしまいますね。

今日は、そんなジェイソン・ステイサム&サメの夢の共演が観られる『MEG ザ・モンスター』の気になるあらすじを、ほんの少しご紹介します。

みどころは、メガロドン相手にほとんど身ひとつで闘いを挑むステイサムですね。

ステイサム=カッコいいと言う図式は洋画界ではもはや常識ですが、今作はステイサムのカッコよさがズバ抜けています! そりゃ、リー・ビンビンもときめきまくるというものです。

子供との触れ合いシーンもあって、『SAFE セイフ』や『ワイルド・スピード ICE BREAK』でステイサム&子供(赤ちゃん)の組み合わせにホッコリした人はそのホッコリ気分を今作でふたたび味わえますよ。

監督はジョン・タートルトーブ、共演にリー・ビンビン、マシ・オカ、ルビー・ローズで贈る『MEG ザ・モンスター』は、現在全国で絶賛公開中です。ステイサム無双をビッグスクリーンでご堪能ください!

【あわせて読みたい】
※ 時代はサメGO!一度は見ておきたい、愛すべき「超サメ映画」大特集
※ 【みんなの観たい映画No.1は?】9月公開映画の期待度ランキングTOP20発表
※ <イラスト早見表付き>巨大化がトマラナイ!? 生き物がおっきくなっちゃうおすすめパニックムービー7本