山本兼平が声を担当するリグルドの設定画

写真拡大

 テレビアニメ「転生したらスライムだった件」の追加キャストが発表された。ゴブリン村の村長・リグルドを山本兼平、リグルドの息子リグルを石谷春貴、お調子者のゴブリンのゴブタを泊明日菜、ドワーフの鍛冶屋カイジンを斧アツシ、“大森林の管理者”とも呼ばれる樹妖精トレイニーを田中理恵が演じる。

 同作は、小説投稿サイト「小説家になろう」で連載された伏瀬氏のファンタジー小説が原作。「月刊少年シリウス」(講談社刊)では、川上泰樹氏によるコミカライズも連載されている。ごく普通のサラリーマンであった三上悟は、通り魔に襲われて命を落とし、異世界でスライムのリムルとして転生。転生時に身につけたユニークスキル「大賢者」と「捕食者」を用いて冒険の旅へ出発し、さまざまな種族と交流を深めていく。

 また、「FRESH LIVE 響チャンネル」と「響ラジオステーション」でWEBラジオ「ジュラの森放送局」の配信も決まった。主人公リムル役の岡咲美保、リグルド役の山本がパーソナリティーを務め、9月27日からスタートする。

 テレビアニメ「転生したらスライムだった件」は、TOKYO MX、BS11で10月1日深夜12時、tvkで深夜1時、MBSで2日深夜3時30分から放送開始。