(左から)犬童一利監督、金井浩人、池脇千鶴、安藤政信

写真拡大

 俳優の金井浩人、池脇千鶴、安藤政信が15日、都内で行われた映画『きらきら眼鏡』(犬童一利監督)の初日舞台あいさつに出席した。

池脇千鶴のプロフィール

 同映画は、森沢明夫氏の同名小説を実写化。恋人を亡くした主人公・明海と、恋人が余命宣告をされたヒロイン・あかねが、1冊の古本を通して出会い、それぞれの困難に向き合いながら、ひたむきに生きる姿を描く。

 主演に抜てきされた金井は「びっくりしたというか、本当に頭が真っ白になるというのは、このことだと思いました」と回顧。無事に封切りを迎え、少し肩の荷が下りたのか「うれしかったのと同時に、プレッシャーが大きくて怖かった」と、素直な心境を明かしていた。

 自身が演じたあかね役について池脇は「最初はとても良い人だと思っていたけれど、演じているうちに彼女の小悪魔な部分が見えてきた」。一方で安藤は「池脇千鶴という女優の芝居が大好きなので、普段は1日の30%をふざけている僕でも、この仕事は本気でやろうと意気込みました」と語り、笑わせていた。