デイヴィッド・ベッカムが髪を大幅カット/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

世界的に影響力のあるファッション・アイコンとして、メンズ・ヘアのトレンドも数々生みだしてきたデイヴィッド・ベッカム。ブロンドのすだれ前髪や、フロントヘアだけをトップで結んだ髪型にコーンロウ(編み込みヘア)、“ベッカムヘア”と呼ばれて大流行したソフトモヒカンなど、ベッカム発でトレンドになったヘアスタイルは少なくない。

【写真を見る】頭頂部が光ってる?頭皮が透けて見えるほどの超短髪にビックリ/写真:SPLASH/アフロ

とはいえベッカムも加齢には勝てず、昨年ごろから頭髪の寂しさが指摘されることが増えていたようだ。特にオールバックで撫でつけた髪型の時、額のV字後退と髪の隙間からのぞく地肌が以前よりも目立って見えると言われていた。ところが今年6月には、前髪のラインがV字から横一直線に突然変化。髪の毛全体も密度が濃くなった印象で、「増毛は間違いなし」と報じられていた。

しかし今月6日、ホテルのプールサイドでリラックスしているところを激写されたベッカムは、なんと超短髪で自身の薄毛具合を大胆に披露。産毛のように心もとない毛髪の間から頭皮が透けて見えているうえ、頭頂部は太陽の照り返しで地肌が光っていたほどで、増毛疑惑にゆさぶりをかける姿がキャッチされていた。

デイリーメール・オンラインに掲載された専門医のコメントによると、写真から見るデイヴィッドの頭髪は中心から頭頂部、そして後頭部の薄毛がかなり進行しているとのこと。一見増毛施術は全くしていないように見えるが、「前髪は他よりも密度が濃く見えるので、植毛はしているかもしれない」としつつも、「光線の加減による写真写りにすぎない可能性もある」と言う曖昧な見解だった。

薄毛姿を見せた以上、今後増毛を行ったらすぐにバレバレになるわけで、今回あえて短髪で自然体の姿を披露したのは、「薄毛も増毛も隠す気はない」という所信表明のようにも見える。ヘアアレンジが大好きなベッカムのこと、増毛して新たな髪型にイメチェンした姿も、近いうちにお披露目してくれるかもしれない。(Movie Walker・UK在住/シャオ)