“絵しりとり”で、中条あやみの“画伯ぶり”が明らかに!?

写真拡大

那波マオの人気コミックを映画化した純愛コメディ『3D彼女 リアルガール』(公開中)の公開記念舞台挨拶が9月15日に新宿ピカデリーで開催され、中条あやみ、佐野勇斗、清水尋也、恒松祐里、上白石萌歌、ゆうたろう、濱田マリ、竹内力、英勉監督が登壇。中条の“画伯ぶり”を共演者陣が暴露した。

【写真を見る】中条あやみ、“しいたけ”のイラストを披露!

本作は、学校一の美少女・五十嵐色葉(中条)と、2次元を愛する超絶オタク・つっつんこと筒井光(佐野)の純愛の行方を描く物語。中条が「皆さん、映画どうでしたか?」と上映後の会場に語りかけると、観客からは大きな拍手。佐野も「本当にこの作品が大好き」と愛情をあふれさせていた。

ステージ上でも和気あいあいと仲のよい様子を見せたメンバーだが、撮影現場では“絵しりとり”という遊びが流行ったそう。誰かが描いた絵を見て、次々としりとりをつないでいくゲームとのことで、この日は観客の前で実際にトライしてみることに。しかしながら清水は「正直、自信がない」とこぼし、「この人が本当に問題児。“画伯”にもほどがある」と中条の描く絵が微妙すぎると暴露。佐野も「そこ、大事なポイント」と大きくうなずくなか、中条は「天才すぎてね」とお茶目に話し、会場の笑いを誘っていた。

不安のなかスタートしたゲームでは、佐野の“うし”のイラストを引き継ぎ、“しいたけ”を描いた中条。続いての清水は「きのこだと思った…」と“きのこ”と読み取りゲームは失敗したが、しっかりと中条の意図は伝わった模様。周囲も「ああ、しいたけだ」と納得するなど、“画伯”の汚名を晴らすことに成功していた。

最後には中条が「私たちがたくさん、愛情を込めて作った作品」と口火を切り、「皆さんに観ていただけて、笑って泣いてもらえることが、私たちの一番の喜び。こうやってみんなと出会えたことは、『3D彼女』を描いた那波さんがいてこそ。那波さんに感謝しています」と原作者に感謝のコメント。さらに「私たちがもう一人『ありがとう』って言いたい人がいます。みんな、大丈夫ですか?」と周囲を見渡すと、キャスト陣も一斉に声をそろえて「監督、ありがとう!」と英監督に感謝を伝えていた。(Movie Walker・取材・文/成田 おり枝)