画伯ぶりを見せ付けた中条あやみ

写真拡大

 那波マオさんの人気コミックを映画化した「3D彼女 リアルガール」の公開記念舞台挨拶が9月15日、東京・新宿ピカデリーで行われ、中条あやみ、佐野勇斗、清水尋也、恒松祐里、上白石萌歌、ゆうたろう、濱田マリ、竹内力、英勉監督が登壇した。

 学校一の美女とオタクの純愛を描くコメディ。中条は、「私たちがたくさんの愛情を込めて作った作品です。皆さんに笑って、泣いてもらえたら、それが一番の喜びで幸せに思います」とアピールした。

 撮影の待ち時間には、高校生キャストで絵しりとりをしていたそうで、この日はステージ上で挑戦。だが、清水が「この人が問題児なんですよ。画伯にもほどがある」と中条をチクリ。本人も「天才すぎなんですよね」と切り返し、意味深な笑みを浮かべた。

 英監督が描いた、映画に登場するアニメキャラ・えぞみちを起点に登壇者が描き継いでいったが、どんどんとあらぬ方向に。アンカーの竹内にいたっては濱田が描いたトングをヘッドフォンと勘違いし、「ん」で終わっているにもかかわらず「う〇こ」を描いて会場の失笑を買った。

 竹内は「だって、何なのか分からねえもん。子どもたちはう〇こ、好きだろ」と憮然とした表情。中条が「(撮影は)いつもこんな感じでした」、佐野も「楽しかったですよ」とフォローし、その場を収めた。肝心の中条の画力は、佐野の「牛」を継いで描いた「しいたけ」はなかなかの出来ばえだったが、清水に「きのこ」ととらえられ苦笑いだった。

 そして、中条が「皆に出会えたのは、那波さんが漫画を描いてくれたからこそ。感謝します」としみじみ。さらに、「もう1人、感謝したい人がいます」と告げ、キャスト全員で「英監督、ありがとうございました」とサプライズで御礼。英監督は、「何これ? この流れではグッときいへんよ」と強弁しながらも、うれしさを隠せない様子だった。