『銀魂2 掟は破るためにこそある』 (C) 空知英秋/集英社 (C) 2018 映画「銀魂2」製作委員会

写真拡大

ついに興行収入30億円を超え、シリーズ累計の観客動員数が520万人を突破するなど大ヒット中の『銀魂2 掟は破るためにこそある』より、特大ヒットを記念した新たなメイキング映像が解禁となった。

[動画]解禁となった『銀魂2』特大ヒット記念メイキング映像

解禁となったのは『出演者の一言篇”』と題したメイキング映像。小栗旬(坂田銀時役)が、菅田将暉(志村新八役)と橋本環奈(神楽役)に「ほんとお前ら二人、いっつもいいとこいるよな」と言うと、菅田が「そんで、大変なことはしない」と返すなど、笑いの絶えない現場の様子が伝わる映像からスタートする。

場面変わって、今度は柳楽優弥(土方十四郎役)に小栗が「これ一番かっこいい台詞だから」とプレッシャーをかける。これには柳楽も「めっちゃやりづらい」と言い、「ハードルこんな感じ」と手振りでそのハードルの高さを示し、苦笑い。福田雄一監督も「これうまくやったら、モテるしかない」とさらなるプレッシャーをかける。

さらに、キムラ緑子(お登勢役)が「家賃払え!」のプラカード片手に必死の形相で銀時らを追いかけるシーンでは、キムラの迫力に小栗が「すげー怖え」と恐れおののいた様子となり、菅田も「漫画じゃん」とコメントするなど、楽しげな撮影の様子が垣間見られる映像になっている。