平手友梨奈と北川景子

写真拡大

欅坂46の平手友梨奈が初出演&主演する映画『響 ‐HIBIKI‐』が初日を迎え、9月14日にTOHOシネマズ 日比谷で行われた舞台挨拶に、平手をはじめ、北川景子、アヤカ・ウィルソン、高嶋政伸、北村有起哉、板垣瑞生、月川翔監督が出席してクロストークを繰り広げた。初出演、初主演の平手の演技をずっと見守っていた北川が平手の演技力を絶賛し、平手が感極まる場面も見られた。

『響 ‐HIBIKI‐』初日舞台挨拶、その他の写真

本作は「マンガ大賞2017」の大賞を受賞した、柳本光晴の「響〜小説家になる方法〜」が原作。圧倒的な文才を持った現役女子高生小説家の鮎喰響(あくい・ひびき/平手友梨奈)を主人公に、彼女の才能と破天荒な性格が巻き起こす出来事を通して、彼女自身とその周りを取り巻く人々の成長が描かれていく。

初主演で初日を迎えた感想を聞かれた平手は「まだ実感がなくて……。この日を迎えられて嬉しく思います」と言葉少なに語る。響の才能を見出す若手女性編集者・花井ふみ役の北川は、撮影を通じて平手と仲良くなったことを明かし、「毎日連絡を取っています。特別な話をしているわけではないんですが、何を食べたとか何をしたとか」。平手も「食べ物の話が多いですね。お弁当の写真とかを送り合いました」と語り、2人で微笑みあった。

当日、原作者の柳本氏から平手あてに「平手さんが演じる響は格好良くかわいかった。本当にかわいかった。響が持つ才能という残酷さだけでなく、女の子としてのかわいさも理解してくれて、平手さんの響は本当に響でした。平手さん、本当にありがとうございました」という称賛の手紙が届いた。

平手は「すごく嬉しいです。原作の方から言われると自信になるというか、ああ、そうなのかなと思います」と喜びをかみしめる。また、北川は「平手さんはクランクインしたときから表現力があって、クリエイティブな精神を持っている人でした。初日からスパークしてる人がいると思っていました。『あ、響がいる』と思ったんです。私は早くそれをみなさんにお見せしたいと思っていたからすごく嬉しいです。ずっと見守ってきたから感極まっちゃいました」と涙ぐみながら平手の演技を絶賛し、平手を感激させた。平手は、劇中、圧倒的な文才と、自分の信念に正直で破天荒な性格を持ち合わせる気難しい役柄を見事に演じきっている。

最後に月川監督が「この映画を作って良かった。たくさんの人に届くことを願っています」。平手は一歩前に出てキャストと監督の方を向き、頭を下げてから「本当にすごくいい出会いをさせてもらったなって……。みなさんありがとうございました」と感謝の気持ちを伝える。そして客席に向かって「この映画を見て、響の生きざまが一番に届いたらいいなと思っています」とメッセージを伝えた。
(text&photo:福住佐知子)