星由里子さんの最後の作品に (C)2019西炯子・小学館/「お父さん、
チビがいなくなりました」製作委員会

写真拡大

 西炯子氏の人気漫画を映画化した「初恋 お父さん、チビがいなくなりました」に、故星由里子さんが出演していることがわかった。なお、星さんは本作が遺作となる。

 結婚生活44年になる老夫婦の秘めた思いと愛をめぐる物語。倍賞千恵子、藤竜也が夫婦役で共演し、市川実日子が2人の娘役に扮する。5月に死去した星さんは、倍賞演じる妻・有喜子が結婚前に働いていたミルクスタンドの同僚で、夫婦関係にさざ波を立てる志津子に息吹を注いだ。

 星さんはクランプアップ後に、「昔は松竹の女優さんで共演することはなかった倍賞さんとご一緒できるということで、とても楽しみにしていました。藤さんも初共演でしたけど、ウィットに富んだ素敵な男性で。とても楽しいお仕事でした」と共演者への印象を明かした。また、作品を「老夫婦の孤独と深い愛を描いた映画」ととらえた上で、「若い方々は自分の両親もそうなのかなとか、感じてくれたら嬉しいですし、同世代の方々は、私たちが歳を重ねた姿を見て、懐かしく心温まるものを感じてくれたら嬉しいなと思います」とメッセージを託した。

 物語は、3人の子どもが巣立ち、1匹の猫とともに人生の晩年を過ごす、勝と有喜子の夫婦を描く。平穏な日々を送るなか、有喜子は娘・菜穂子に「お父さんと別れようと思っている」と打ち明ける。妻はなぜ、離婚を言い出したのか。その言葉を受けた夫が、妻に伝えることとは……。そして時を同じくして、心の拠り所だった猫・チビが姿を消してしまう。

 「初恋 お父さん、チビがいなくなりました」は、2019年春に全国で公開。