「乳がん」に打ち克つために…(※写真はイメージ)

写真拡大 (全2枚)

「さくらももこさん」の命を奪った「乳がん」に打ち克つ知恵(1/2)

 8月15日、漫画家のさくらももこさんが亡くなった。享年53。国民的アニメ「ちびまる子ちゃん」の生みの親の命を奪った乳がんは、女性のがんでは罹患率トップである。予防から超早期発見術、タイプごとの治療法まで――知っておくべき「乳がん全情報」。

 ***

 さくらももこさんは長男が小学生になるまで、自分がさくらももこだと明かさなかった。そのことは、彼女の訃報を伝えるスポーツ紙の記事でも触れられていたのでご存じの方もいるだろうが、さくらさんの著書『さくらえび』(新潮文庫)では、次のようなエピソードが明かされている。

 ある日、保育園児だったさくらさんの長男が、さくらももこと電話で話がしたい、と言い出した。対応に困ったさくらさんは、手紙を書くことを提案する。

「乳がん」に打ち克つために…(※写真はイメージ)

〈息子は「さくらももこせんせい いつもまるこをみてます」と、いっしょうけんめい書いていた。それを見ながら私は“さくらももこさんは、キミがいつもちびまる子ちゃんをみていることもよーく知ってるよ…”と思いながらも、なんかすごく感動していた〉

〈ちびまる子ちゃんを、自分の子供がみて喜び、ファンレターまで書いている姿をこの目で見ることができるなんて、感無量である〉

 類まれなる才能によって「ちびまる子ちゃん」という国民的キャラクターを生み出し、若くして社会的成功を収めて財力を得、ちびまる子ちゃん好きな息子にも恵まれたさくらさん。間違いなく“選ばれし者”だった彼女は、しかし、乳がんという病魔を撥ね退けることだけは叶わなかった。

ももこのすっとこどっこいな日常のオールスターが勢ぞろい! 奇跡の爆笑雑誌「富士山」全5号からの粒よりエッセイ。『さくらえび 』さくらももこ[著]新潮社

 さくらさんは1965年に静岡県清水市(現静岡市)で生まれている。高校時代から漫画誌「りぼん」に正統派の少女漫画を投稿していたが、同時期に書いたテストの作文が「清少納言みたい」と評価され、エッセー漫画に取り組むように。「りぼん」で「ちびまる子ちゃん」の連載が始まったのは漫画家デビューを果たした2年後の86年で、その後は慌ただしく成功の階段を駆け上がった。

 そんな彼女は10年ほど前から闘病生活を続けていたという。漫画を描くことへの熱意を常に語っていた彼女が、漫画を描けなくなった時に感じたであろう無念さは計り知れない。

女性のライフサイクルの変化

 彼女の命を奪った乳がんは、国内の女性が罹るがんの中で最も罹患率が高い。女性の11人に1人が生涯に罹るというだけあって著名人にも乳がん経験者は多く、昨年、フリーアナウンサーの小林麻央さんが闘病の末に亡くなったのは記憶に新しい。

「一般的に、女性ホルモンのエストロゲンにさらされる期間が長ければ長いほど、乳がん発症のリスクは高くなります。そのエストロゲンは、主に月経があるうちに分泌されるものですから、初潮から閉経までの期間によって、おおよその危険性が決まってくる」

 そう解説するのは、新宿ブレストセンタークサマクリニックの日馬幹弘院長。

「昔は栄養状態が良くなかったせいもあり、中学生くらいに初潮が来て、結婚して子供を作り、閉経を迎えるのも早かった。現在は栄養状態が良いので、初潮は早く、閉経は50代にまで延びています。また、女性の社会進出が当たり前になったことで、晩婚化・少子化が進んでいる。そうしたライフサイクルの変化もあってエストロゲンにさらされる期間が増え、乳がんに罹る可能性が高まったのではないかと考えています」

 乳がん治療に詳しいベルーガクリニックの富永祐司院長が補足する。

「出産経験のある女性は、ない女性に比べて乳がんになりにくい。妊娠すると生理が一時的に止まり、エストロゲンの分泌が減少するためです」

トリプルネガティブ

 それでは、乳がんにならないためには何をすれば良いのか。検診はどのように受けるのがベストなのか。それを理解するためには、そもそも、乳がんとは何なのかという点について把握しておく必要があろう。

「エストロゲンの働きによって母乳の通り道である乳管の細胞が増殖する際、遺伝子のコピーミスが生じることがあり、それが積み重なって悪性腫瘍に。これが乳がん発症のメカニズムです」(先の日馬院長)

 日本乳癌学会元理事長で北里大学北里研究所病院の池田正医師によると、乳がんは大きく分けて四つのタイプに分類できるという。

「一つ目は、ホルモン療法が効いて、細胞分裂指数が低いルミナールA型。二つ目は、ホルモン療法が効いて、細胞分裂指数が高いルミナールB型です」

 これらはいずれもエストロゲン依存性乳がんとも呼ばれ、全体の7割を占める。

「三つ目は、分子標的治療薬が効くハーツー(HER2)タイプ。四つ目は、ホルモン療法も分子標的治療薬も効かず、抗がん剤しか効かないトリプルネガティブというタイプ。トリプルネガティブは薬物療法の選択肢が少ないという点で非常に厄介なものです」(同)

“厄介”というと小林麻央さんのケースを思い出してしまうが、彼女のブログには、がんが見つかった際にホルモン療法を提案された、との記述があるので、トリプルネガティブだったとは考えにくい。

(2)へつづく

「週刊新潮」2018年9月13日号 掲載