満島真之介レコーディング風景

写真拡大

10月12日公開のアニメーション映画『ムタフカズ』のエンディングテーマを満島真之介が歌うことが発表された。

【もっと画像を見る(14枚)】

STUDIO4℃、フランスのバンドデシネ作家ギヨーム“RUN”ルナール、フランスの制作会社ANKAMAのコラボ作品となる同作は、犯罪者と貧乏人の吹き溜まりと化したダーク・ミート・シティが舞台。リノことアンジェリーノは、骸骨頭の親友ヴィンス、臆病なウィリーと3人で将来の見通しのない日々を送っているが、リノのさえない人生を一変させるような出来事が立て続けに起こり、やがて絶体絶命の危機に陥ったリノがスーパーパワーに目覚める、というあらすじだ。日本語版では主人公のリノ役を草剛、ヴィンス役を柄本時生、ウィリー役を満島真之介が演じる。

コウモリの姿をしたキャラクター・ウィリーの声優を務める満島は、「Willy a.k.a. Shinnosuke Mitsushima」としてエンディングテーマ“The King of DMC”を歌唱。本編のアフレコ中にアドリブで披露したラップが好評だったことから起用されたという。

“The King of DMC”は9月19日に配信リリース。映画の監督であり、絵コンテ担当・キャラクター作画を手掛けた西見祥示郎による、満島をイメージしたウィリーのイラストと、満島の似顔絵イラストも公開された。さらに楽曲の一部や満島の録音風景が確認できるイメージPVが公開されている。

ラップを初披露した満島はエンディングテーマの歌唱について「僕にとっては、正直“事件”でしたね(笑)」と明かしているほか、楽曲については「映画のストーリーや、舞台となっている街から主人公たちが逃げ出す事の出来ない“運命”をラップの歌詞に乗せてくれたんです。キャラクター達の苦しい現実や、故郷への想いをウィリーがこの曲を通して代弁していて、観ていただく皆さんにはエンドクレジット中に作品の余韻に浸って貰えるんじゃないかなと思っています」とコメントしている。

あわせて『ムタフカズ』の「ART BOOK」と「STORYBOARD BOOK」が映画公開日の10月12日に刊行されることも発表。「ART BOOK」には木村真二が生みだした映画の美術設定、美術ボード、背景美術が掲載される。「STORYBOARD BOOK」には監督・西見祥示郎による絵コンテを完全収録する。

■満島真之介のコメント
アフレコでは、ウィリーという僕の演じるキャラクターが、作品の面白いスパイスとなるように、ちょっと風変わりな役柄を意識しました。
お二人を引き立てるためにも、今までにはない挑戦をしています。
(エンディングテーマを歌う事になった経緯は?)本編の中にウィリーがラップを披露するシーンがあるんですけど、アフレコの時に、アドリブで任せてもらったんです。
僕自身、ヒップホップやR&Bをよく聞いているのでノリノリでした。
更に、作品のテーマを歌ってみないか、と提案して頂いて。僕にとっては、正直“事件”でしたね(笑)
こんなに喜ばしい事件は、なかなか無い事だと思うんです。これからの人生に“新たな光”が見えてきそうな貴重な経験をさせていただき、感謝でいっぱいです。
(オススメのポイントは?)素敵なアーティストの方々が作曲してくれました。
映画のストーリーや、舞台となっている街から主人公たちが逃げ出す事の出来ない“運命”をラップの歌詞に乗せてくれたんです。キャラクター達の苦しい現実や、故郷への想いをウィリーがこの曲を通して代弁していて、観ていただく皆さんにはエンドクレジット中に作品の余韻に浸って貰えるんじゃないかなと思っています。
そして、ご自身の家族や仲間たち、久しく会っていない友達の存在を改めて感じてもらえると嬉しいです。
とにかく思う存分楽しみました!是非、エンドロールが終わるまで席を立たないでくださいね!