渋谷スクランブル交差点の大型ビジョンで放映された「トキノ交差」原画展が無料開催

写真拡大 (全2枚)

東京・JR渋谷駅前スクランブル交差点の大型ビジョンで放映され、YouTube版も公開中のオリジナルショートアニメ「トキノ交差」の原画展が、渋谷ヒカリエ8階のCreative Lounge MOV aiiima 2で開催中だ。各日午前11時から午後8時まで行われており、最終日の9月23日のみ午後5時までのオープンとなる。

同作は、渋谷スクランブル交差点の大型ビジョンを運営するシブヤテレビジョン、東京急行電鉄、東急エージェンシー、パス・コミュニケーションズ、毎日広告社による共同プロジェクト。スクランブル交差点にたたずむ少女を基点に、太古から現在までの1万年におよぶ歴史を60秒間で描いた作品で、大型ビジョン4面を連動させることで立体的な映像と音響効果を演出している。

原画展は、クラウドファンディングで180万円の支給額を達成したことにより入場無料。原画のほかに制作資料やメイキング映像などが展示されるほか、9月15日午後2時と22日午後2時からは、監督の四宮義俊、クリエイティブディレクターの松宏彰、プロデューサーの松尾亮一郎、実写パートと声で出演した“やね”が参加する、クラウドファンディング支援者に向けたトークショーも行われる。