ド派手な装飾のハイヒールに、大胆なポージングのセルフィが並ぶ、「八木さま」こと八木恵利子さんのInstagram。世界中の高級ブランドを着こなし、デザイナーからも支持を受けています。この美脚の持ち主である八木さんは、今年62歳。

八木さまの魅力はなんてたってこの美脚!

SNSでの発信だけでなく、自身の日々のファッションを記録したフリーペーパー「YB」を8年前から発行。一風変わったクリエイティブが話題となり、米国版「VOGUE」でも紹介されるなど、海外のセレブリティにも広く知られるようになりました。

連載第3回は、八木さんに「自分の魅力を見つけるコツ」について伺います。

<1回目は…>40歳でロックTシャツを着るのって痛いの?
<2回目は…>62歳インスタグラマーの運命を変えた自己発信術

「私のほうがキレイかも…」ある日気づいた自分の魅力

--八木さんの写真は、脚をアピールしたものが多いですよね。

もともと、自分の脚に自信なんて持っていなかったんです。わたしよりスタイルがいい人、たくさんいるし。でも、ある日ミニスカートを試着して、モデルのポージングを真似て写真を撮ってみたら「……あれ、これ私のほうがキレイかも」って、思えちゃったの(笑)!

--たまたま履いてみたミニスカートが、魅力の発見につながったんですね。確かに、最初から「私は脚が太いから」と諦めるのではなく、自分のいいところ、魅力的に見える部分はどこかな? って探ったり研究したりするのは大事ですね。

そう。みんな遠慮しないで、試着でもいいからいろんな服を着てみたらいいんですよ。買う、買わないは別としてね。お店でも、数枚試着して「もういいです」って人が多いらしいんですよ。わたしは何枚でも試着しちゃいますね。数時間かかることもあります。

他人からすすめられたものは全部着る

--たくさんのブランドでお買い物をしている八木さんですが、試着では何を重視しているんですか?

気に入らなくても、人にすすめられたものは、すべて着ます。他人は自分と違う視点だから。自分が好きな服だけを着ていたら、どんどん思考が狭まっちゃうでしょう。他人からのオススメって、似合わないものを知るチャンスでもあるからね。店員さんとのコミュニケーションは大事ですよ。

--似合わなくても、がっかりする必要はないんですね。通販で済ませてしまうことも増えましたが、店舗で接客してもらうのも大切ですね。

店員さんが自分を知ってくれれば、お直しもさせてもらえるし。わたしは、体型に合わせてほとんどの服をお直ししています。ベストの状態で仕立ててもらえる。

--八木さんのトレードマークのミニスカートも、裾をお直ししているんですか?

自分の特徴が活かせるから、どんどん丈が短くなっちゃった(笑)。スタイルがいい人なんて、いっぱいいるでしょう? その中で、自分の個性を出さなきゃいけないと思って。ロングをミニしちゃうこともありますよ。

--自分が似合うものをわかっているからこそなんですね。

デザイナーは「きみは本当にすごいことをするね」って言ってくれたりするんですよ。

「世界一のアマチュアになりたいの」

--八木さんは、好きなことに前のめりですよね。その原動力は?

海外では、よく「クリエイティブ&ユニーク」って言ってもらえるんです。日本では「なんだあの派手な女」って言われてた時期にね(笑)。今いる場所で受け入れられなくても、世界のどこかには評価してくれる人がいる。わたし、世界一のアマチュアになりたいの。

--世界一のアマチュア?

コーディネートや発信を、「プロレベルだよ!」って言ってくれる人もいれるけど、世界一のプロにはなれないでしょう。でも、世界一のアマチュアならなれる。ここまでやって、アマチュアで通す人なんていないから。

--プロとアマチュアの違いはどこにあると思いますか?

「好きだから」その道のプロになるのって、違うと思うんです。好きなことを仕事にしたら、好きじゃなくなっちゃう。販売員だって、売り上げのためには、似合っていない顧客でも褒めなきゃいけないでしょう? 好きな人だけ相手にしてたら商売にならないですから。好きを追求することは、トッププロと同じくらい厳しい。

--確かに、好きを仕事にするのは、しんどいこともあります。

わたしも会社を経営しているけど、好きでもないことを仕事にしているんですよ。でも、服については「自分が好きかどうか」を第一に考えます。好きではないブランドから招待をいただくこともありますよ。でも、自分が買っていないブランドのイベントには行かない。

--徹底していますね。

あ! でも一回、欲が出ちゃったことあるわ! 世界展開しているカジュアルブランドから、プロモーションビデオの出演依頼がきたの。買ったことないのに迷っちゃって「わたし、意外と欲深いな。有名になりたいんだな」って気がついちゃった(笑)。ちゃんと断ったけど。

--欲(笑)。人間だもの、それはしょうがないですよね。

自分には嘘をつかないのが、一番ですね。自分自身に正直に生きなきゃ。メディアから出演依頼をいただくようにもなったけど、「素のわたしのままで出られるところ」だけでオファーを受けています。服も発言もね。それなら、結果としてどこを切り取られても、自分の言葉だから別にいいの。

やりたいことが浮かばなければ、なにもやらなくてもいい

--やりたいことや好きなことが見つからなくて、なんとなくモヤモヤしてしまうこともあります。何かアドバイスをください。

無理して何かしようとしなくてもいいし、だらだらしててもいい。いつ自分がハマれるものがくるかわからないしね。焦らないでじっくり構えていればいいんですよ。やりたいことなければ、なにもやらなきゃいいんですよ。明日死んじゃうかもしれないしさ。

--立ち止まってもいい、と。

みんなの流れにのらなくてもいいんです。でも、「みんなと同じものが欲しい」とか「周囲を気にする」とって、悪くないと思いますよ。日本人はみんな列からはみださないから、暴動もあんまり起きないんだしさ。

みんな、いろんなことを考えすぎなのかな。わたしは「夜ぜんぜん眠れないんだけど」って相談されたら、「寝ないで会社行けばいいんじゃない?」って答えちゃうタイプなの(笑)。

人間も動物だって思ってみればいいの。ずーっと規則正しく動いている動物なんて、なかなかいないですよ。のんびりしてみてもいいんじゃないかな。

(取材・文:小沢あや、写真:宇高尚弘/HEADS)