『世界一と言われた映画館』ポスタービジュアル ©認定NPO法人 山形国際ドキュメンタリー映画祭

写真拡大

映画『世界一と言われた映画館』が、2019年1月5日から東京・有楽町スバル座ほか全国で公開される。

【動画と画像を見る(3枚)】

同作は、かつて山形・酒田に実在し、映画評論家の淀川長治が「世界一の映画館」と評した「グリーン・ハウス」にスポットを当てたドキュメンタリー。喫茶スペースやビロード張りの椅子、上映ベルの代わりに流れる“Moonlight Serenade”といった様々な工夫が取り入れられ、人々から愛されるも、1976年に発生した「酒田大火」の火元となって焼失したグリーン・ハウスの歴史を、かつて同館に集った人々の証言から振り返る。

監督、構成、撮影を務めたのは佐藤広一。ナレーションを今年2月に急逝した大杉漣が担当した。大杉は同作について「この映画には生きた言葉がありました!!」と直筆のコメントを寄せている。

発表とあわせてポスタービジュアルと予告編が公開。映画館の緋色の椅子をイメージしたというポスタービジュアルには「映画を愛す全ての人に捧ぐ」というコピーや、スクリーンを見つめる観客たちのイラストなどが写し出されている。

予告編では、グリーン・ハウスを回想する人々の姿や、同館の外装、内部を撮影した写真、「酒田大火」で焼け落ちた家屋、当時20歳でグリーン・ハウスの支配人を務めた佐藤久一の「…生きることの悩み、苦しみ、悲しみ、喜びなどの一切の縮図が映画館の中に繰り広げられる」という言葉などが確認できる。

なお同作は、9月20日から開催する『第5回なら国際映画祭2018』で先行上映される。