『おとなの恋は、まわり道』

写真拡大

映画『Destination Wedding』が『おとなの恋は、まわり道』の邦題で、12月から公開される。

【動画と画像を見る(2枚)】

キアヌ・リーブスとウィノナ・ライダーが4度目の共演を果たす同作。脚本を気に入ったウィノナ・ライダーが、キアヌ・リーブスに脚本を送ったことで共演が実現したという。

同作は、カリフォルニア南部のサンルイスオビスポを舞台に、偏屈で憂鬱な男性・フランクと、運命の恋を信じられなくなった毒舌の女性・リンジーの姿を描くラブストーリー。花婿がフランクが絶縁中の異父弟で、リンジーを捨てた元婚約者でもある「最悪の結婚式」に招待された2人が、言い合いを繰り返すうちに惹かれ合っていく、というあらすじだ。

監督のヴィクター・レヴィンは、フランク役を演じたキアヌ・リーブス、リンジー役を演じたウィノナ・ライダーについて「二人の友情は、今回の撮影においては大きな財産だった」と語るほか、ライダーについて「彼女のようには誰も演じられない。この自然なウィノナらしさは誰にも真似できないんだ。彼女はキャラクターを本能で理解している。だから簡単に自分を開放して、自然に演じられるんだ」と賛辞を贈っている。

またリーブスは自身の役どころについて「(フランクは)ものすごく不安定で人間嫌いだけど、僕は彼のウィットが好きだし、苦しみも理解できる。愛は多くの人にとっては良いものかもしれないが、彼には大きな不幸をもたらして終わるだけのもの。だったら最初から痛みを感じずに済むように関わらなければいいと思っている。だけど彼はリンジーと出会って、彼女に惹かれていく自分に気づき、自分の過去を乗り越えようとするのです」とコメント。

予告編ではリンジーがフランクに「元カレの結婚式に出席するの」と話すシーンや、キスをする新郎新婦を見て「ギックリ腰になれ」とつぶやくフランクの姿、フランクにキスをしたリンジーをフランクが突き飛ばす場面などが確認できる。