『シシリアン・ゴースト・ストーリー』(C)2017 INDIGO FILM CRISTALDI PICS MACT PRODUCTIONS JPG FILMS VENTURA FILM

写真拡大

 1993年にシチリアで実際に起きた誘拐事件に着想を得た、少年少女の美しくも切ない幻想的なラブストーリー『SICILIAN GHOST STORY(原題)』が、邦題を『シシリアン・ゴースト・ストーリー』として公開されることが決定した。

【写真】同じ撮影監督による映画『グレート・ビューティー/追憶のローマ』フォトギャラリー

 2017年カンヌ国際映画祭批評家週間のオープニング作品に選出され、イタリアの主要映画賞を多数受賞するなど、高い評価を受ける本作の主人公は、美しい自然の残るシチリアの小さな村に住む13歳の少女・ルナ。思いを寄せる同級生ジュゼッペが突然姿を消してしまい、ルナは懸命に彼の行方と失踪事件の真相を追うが…。

 監督・脚本は、デビュー作『狼は暗闇の天使』が2013年カンヌ国際映画祭批評家週間でグランプリに輝いたファビオ・グラッサドニアとアントニオ・ピアッツァのコンビ。撮影を『グレートビューティー/追憶のローマ』のルカ・ビガッツィが担当し、光と闇を豊かな映像で映し出し幻想的な世界へと観客を誘う。

 誘拐事件に巻き込まれた少年・ジュゼッペを演じるのは、ルネサンス絵画の中にいそうな甘やかな顔立ちをしたガエターノ・フェルナンデス。ジュゼッペを救い出そうとする少女・ルナを、意志の強さを感じさせる眼差しが印象的なユリア・イェドリコヴスカが演じる。互いに映画初出演ながら堂々とした演技で、純粋な心の強さをもった少年少女を瑞々しく表現している。

 映画『シシリアン・ゴースト・ストーリー』は12月22日より全国順次公開。