大阪が首位、東京はホームで痛い連敗/bjリーグ

写真拡大

 プロバスケットボール「bjリーグ」の東京アパッチと大阪エヴェッサの試合が4日、東京・有明コロシアムで行われ、大阪が103−89で快勝した。

 大阪は、ドラフト2005で指名4位の波多野がチーム最多の25得点と爆発。アウェイでの連勝を4に伸ばし、得失点差で仙台89ersを抜いてリーグ首位に立った。東京は、ピペンがスラムダンクを決めるなど、迫力あるプレーで会場を沸かせたが、主力のヘリコプター・ハンフリーが徹底マークされ、最後まで試合の流れを引き寄せることができなかった。

 大阪は、10日にさいたま市記念総合体育館で埼玉ブロンコスと対戦。東京は、17日にべっぷアリーナで大分ヒートデビルズとの試合に臨む。

 <試合スコア>
 東京 89−103 大阪
(26−31、20−27、22−22、21−23)


 また、東京は、10、11日に東京・門前仲町の仲町通り商店街で「東京アパッチ歳末大抽選会」を行う。有明コロシアムでの試合のアリーナ席ペアご招待券、オリジナルTシャツなどを用意し、ブースター(ファン)と交流する。

<東京アパッチ 歳末大抽選会>
日程:12月10日(土)、11日(日)の2日間
時間:13:00〜17:00
場所:門前仲町交差点「東京三菱銀行前」

bjリーグ公式ブログ −最新情報が満載