素直になれない男女の恋愛映画
「おとなの恋は、まわり道」

写真拡大

 キアヌ・リーブスとウィノナ・ライダーの4度目の共演を果たした「おとなの恋は、まわり道」が12月に全国公開されることが決定し、予告編がお披露目された。

 個性が強すぎて恋愛も人生もうまくいかない、憂うつなヘンクツ男と毒舌なヘリクツ女のラブストーリー。本作の脚本を気に入ったライダーが、「ドラキュラ」(92)、「スキャナー・ダークリー」(06)、「50歳の恋愛白書」(10)で共演したリーブスに脚本を送り、4度目の顔合わせが実現した。

 空港で偶然出会ったフランク(リーブス)とリンジー(ライダー)は、衝突を繰り返していたが、同じ結婚式に向かっていることに気づきウンザリ。花婿が、フランクの絶縁中の異父弟であり、リンジーを捨てた元婚約者だったのだ。式場では隣同士にさせられるなど、2人はゲンナリしながらも口論や会話を重ねるうちに、徐々にお互いの共通点に気づいていく。

 予告編では、極上ワインの産地としても知られ、“アメリカで最も幸せな都市”と呼ばれるカリフォルニア南部のサンルイスオビスポを舞台に、なかなか素直に恋に落ちることができない、大人の恋のはじまりが、ウィットたっぷりに描かれた。メガホンをとったビクター・レビン監督が「2人の友情は、今回の撮影で大きな財産だった」が語っているように、リーブスとライダーの軽妙で息の合った掛け合いが予告編の中でも楽しめる。

 リーブスは、役どころについて「ものすごく不安定で人間嫌いだけど、僕は彼のウィットが好きだし、苦しみも理解できる」と語り、フランクにとって“愛”は大きな不幸をもたらして終わるだけのものであり、「それなら最初から痛みを感じずに済むように関わらなければいいと思っている。だけど彼はリンジーと出会い、彼女にひかれていく自分に気づき、自分の過去を乗り越えようとする」と解説。一方、運命の恋を信じられなくなったリンジーを演じたライダーについて、「キャラクターを本能で理解している。だから簡単に自分を開放して、自然に演じられるんだ」とレビン監督は称賛した。

 「おとなの恋は、まわり道」は、12月から東京・TOHOシネマズ日比谷ほかで全国公開。