映画ではラミ・マレックが
フレディ・マーキュリーを熱演 (C)2018 Twentieth Century Fox

写真拡大

 伝説のロックバンド「クイーン」を題材にした伝記映画「ボヘミアン・ラプソディ」の特別映像が2本同時に公開された。どちらも、ボーカルのフレディ・マーキュリーの誕生日である9月5日に世界各地で開催されたチャリティイベント「フレディ・フォー・ア・デイ」の模様が収められている。

 9月5日を「フレディ・フォー・ア・デイ」と題し、世界中のファンが稀代のエンターテイナーであるマーキュリーの誕生日を祝うと同時に、エイズにより気管支炎にかかり、45歳という若さでこの世を去った彼に敬意を表し、地球規模でエイズ撲滅のチャリティイベントが実施されている。

 冒頭に映るマーキュリーの笑顔が印象的な特別映像は、お笑い芸人・レイザーラモンRG、池田美優が参加した東京でのイベントや、大勢の熱狂的なファンが集まったスペインでの野外ライブなどが映し出される。イタリア、ポルトガルではマーキュリーの恰好をしたミュージシャンによるライブ、アイルランドでは下書きをせずスプレーで壁面にマーキュリーを描くなど、各国で趣向を凝らした誕生日パーティーが開かれた。

 アメリカでは、クイーンのギタリストのブライアン・メイとドラマーのロジャー・テイラーがサプライズ登場してファンを喜ばせたほか、コロンビア、ブラジル、メキシコ、グアテマラでのお祝い映像もあり、今なお人気が衰えることがないクイーンとマーキュリーの偉大さが伝わってくる。

 もう1本の映像は、クイーンゆかりの地イギリスでのイベントを中心に収録している。クイーン加入前のマーキュリーが、ヒースロー空港で荷物係のアルバイトとして働いていたことから、現在働く荷物係の職員たちが“元同僚”マーキュリーの誕生日を祝うために、オリジナルのダンスショーをターミナルで開催。普段は荷物運搬を担当しているダンス素人の職員たちが、仕事の合間をぬって2週間猛練習し、「ブレイク・フリー(自由への旅立ち、I Want to Break Free)」に合わせたダンスを披露した。

 「ボヘミアン・ラプソディ」は、11月9日から全国公開。