三田佳子

写真拡大

 覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕された、女優の三田佳子の次男で職業不詳の高橋祐也容疑者の最近の様子を各メディアが報じた。

 高橋容疑者は今月10日午後8時45分ごろ、渋谷区内の焼き肉店でトラブルを起こし、店員の通報で渋谷署員が駆けつけた。

 高橋容疑者の様子が不審だったため、署員が尿検査を求めたが、高橋容疑者は尿の任意鑑定を拒否。

 その後、同署員が捜査令状を取り、渋谷区内の病院で改めて尿検査を求めたところ、採尿に応じ、覚せい剤の陽性反応が出たため、11日朝に逮捕されていた。

 そんな高橋容疑者はJR渋谷駅近くのマンションに居住。部屋は111.52平方メートルの2SLDK、賃貸ならば家賃約50万円の物件だという。

 飲食店によく若い女性たちを連れて来店。帰りに女性に「今日はありがとう」と言って数万円を渡していたほか、飲食店の支払いに三田がやってきたこともあったというのだ。

 「これで4度目の逮捕となった高橋容疑者だが、1度目の逮捕時と現在を比べると、母親である三田の収入は大幅に減った。にもかかわらず、いまだに三田のすねをかじっているが、三田もそんな高橋容疑者を放っておけないほどの“親バカ”が治らない」(芸能記者)

 薬物依存から抜け出せなかった高橋容疑者だが、どうやら、周囲の“金づる”にされているだけのようだ。

 「2度目の逮捕は、00年10月に自宅地下室で覚せい剤パーティーを開いてだったが、その際、自宅に出入りしていた輩たちの金づるになっていた。おまけに、その輩が高橋容疑者が貸した三田名義の車を、起こした殺人事件の移動の際に使用。会見でそのことを聞かれた三田が責任逃れの言い訳をしたため、被害者の遺族に民事で訴えられたこともあった」(週刊誌記者)

 三田は無尽蔵に金を与えることはできても、正しい金の使い方を教えることはできなかったようだ。