「またか」との声も聞き飽きただろう。女優三田佳子(76)の次男、高橋祐也容疑者(38)の4度目となる覚醒剤逮捕。芸能界と薬物、とりわけ2世芸能人の覚醒剤事件は相変わらず引きも切らない。

 3度目の覚醒剤取締法違反逮捕で実刑が確定した当時、高橋は2009年に仮釈放されると薬物依存リハビリセンターに入所し社会復帰を目指すとしていた。10年には当時26歳の一般女性と結婚、同年秋には長男が誕生している。家族のためにも、覚醒剤にはもう二度と手を出さないと誓ったのではなかったか。

「三田さんの甘やかしがこの期に及んでも悪影響したのではないか」と、1998年の最初の逮捕から高橋を知る芸能関係者はこう言う。

「3度目の逮捕のとき、三田さんは『彼ももう少年ではなく、親として関われる限界がある。心の中では放り出して当然という気持ちもある』とコメントしていた。その通り、もう養育義務もないし、三田さんに親の管理責任を問うのもどうかと周囲も納得しかけたものです。ところがこのとき、月70万円もの小遣いを高橋に渡していたことが明らかになった。高橋が結婚後も資金援助をし、40歳近くなった現在まで、それを続けていたようなのです。そうしたカネが、薬物へと回っていった可能性も否定できない」

 舞台に出演したり、インディーズから歌手デビューするなど、2世タレントとして芸能活動もしてきた高橋。しかしここ数年は、きちんとした仕事もなく、家族を養って、食べていく生活費すら稼いでいなかったのではないか、というのである。高橋に援助を求められて三田が応じたのか、そんな息子をかわいそうに思った三田の過保護が、さらに働かない高橋にしてしまったのか。芸能プロデューサーの野島茂朗氏はこう言っている。

「高橋容疑者はよく、私も知っている元タレントのところなどに長電話をかけていました。寂しがりで、落ち着きがなかったそうです。他にも、女の子とデートして交通費として3万円渡していたりしていたというから、時間も遊ぶ金にも事欠かなかったことがうかがえます。実力派とされる2世俳優でも俳優業だけでは食べていけないと、40代となった今も撮影のない日は自分で作った弁当持参で土木工事の日雇いで汗を流しています。高橋容疑者がそういう苦労をしているという話は聞いたことがありません」

 歌手ASKAの覚醒剤事件の当時、有名芸能人はドラッグの売人たちに上客とみられ、狙われやすいとの説もあった。有名女優の2世でしかも金持ちとして、高橋も常に狙われていたのか。

「覚醒剤逮捕者に対して、更生や社会復帰などへのケアを日本の行政は全くしていません。有名人で、逮捕が報道されていたら、ちょっとしたアルバイトでも雇用してもらうのは難しい。また挙動不審などで、周囲からまた確実に覚醒剤をやっていると思われていても、警察や麻取は決定的な瞬間を掴んで現行犯逮捕に踏み込めそうになるまで動きません。つまり、覚醒剤で前科持ちの芸能人は社会的に抹殺される。逮捕か野放ししかないのです」(野島氏)

 だからといって、情状酌量の余地はまずないだろう。高橋は昨年、愛人関係にあるタレントへの暴力沙汰も報じられるなど覚醒剤以外にもトラブルだらけだからだ。

 三田は「このような結果になり、大変残念としか言いようがありません。親としては、もう力及ばずの心境です。このうえは、本人も40手前ですし、自らの責任と覚悟をもって受け止め、そして罪を償って、生き抜いてもらいたいと思います」と突き放したコメントを発表。自身については「来月、喜寿を迎える私ですが、二度の大病や怪我を乗り越え、日々生かされている思いでおります。多くの方の支えや応援に感謝しつつ、俳優としての残りの人生をかけて、仕事に邁進していきたいと存じます」とコメント。4度目の逮捕に呆れるしかない複雑な胸中は伝わるが、女優業への影響は避けられない。

 甘やかしたツケは生涯、三田に絡む。