U18アジア選手権を終え、取材に応じる吉田輝星=サンマリン宮崎(写真:共同通信社)

読者の皆さんはU18野球日本代表が、韓国、台湾に連敗し、U18アジア選手権連覇の道を断たれたことに、ショックを受けられたかもしれない。

8月の甲子園で、881球も投げた金足農(秋田)の吉田輝星を韓国戦と中1日の台湾戦でマウンドに上げて、合計153球も投げさせた采配にも疑問の声が上がるだろう。


この連載の一覧はこちら

そしてWBCなどフル代表の試合ではほとんど負けたことのない台湾に3-1で負けたことも、予想外の結果だと思った人が多かったはずだ。

3位決定戦で中国を破り、かろうじて翌年のU18ワールドカップへの出場権を得たが、「こんなに弱かったのか」と思った人もいただろう。

4000校の頂点が50校・200校の代表に負けている!

しかしプロアマの野球関係者は、この結果にさほど驚いていない。「いつものこと」「これが実力」という声さえ聞こえてくる。

U18の選手の多くは、夏の甲子園の激戦を戦ってきた。吉田輝星だけでなく、多くの選手が、十分に疲労回復していない。また「燃え尽き」に近いモチベーションの選手もいただろう。しかし、そうしたコンディション面の問題ではなく、根本的な問題として、日本の高校球児は、同世代の韓国、台湾に実力的に優位とは言えないのだ。

日本の夏の甲子園は、減ったとはいえ4000校近く、約15万人もの選手の頂点を争う大会だ。この大会を勝ち抜いた選手は、日本の高校生の頂点と言ってよい。それが野球部のある高校が全国で50校しかない韓国や、200校しかない台湾の代表チームに手もなく負けるとは。

「そりゃ、日本が金属バットを使用しているからですよ。あれは日本の高校野球しか使っていない。国際大会になれば、木製のバットを使わなければいけない。使用球が変わり、ストライクゾーンも異なり、球数制限もあるなど、日本の高校野球と世界ではいろいろ条件が違いますが、バットの材質の違いほど大きな差異はほかにありません」

高校野球のコーチを経て、海外でも野球指導を行った経験がある元野球指導者は語る。

実は、野球関係者の間では「金属バットを何とかしないといけない」という声が高まっているのだ。

1915年から始まった日本の高校野球(1947年以前は中等学校野球)の全国大会(春夏合計)の1試合当たりの本塁打数を10年刻みで見ていくとこうなる。

1915〜1924年151試合51本(0.338本)・1924年選抜大会始まる
1925〜1934年375試合75本(0.200本)・1925年甲子園の使用開始
1935〜1944年258試合 9本 (0.035本)・1936年甲子園の球場サイズ縮小
1945〜1954年334試合59本(0.177本)・1947年甲子園にラッキーゾーン設置
1955〜1964年530試合65本(0.123本)
1965〜1974年597試合143本(0.240本)
1975〜1984年751試合374本(0.498本)・1974年金属バットの使用認可
1985〜1994年796試合461本(0.579本)・1991年ラッキーゾーン廃止
1995〜2004年806試合401本(0.498本)・2001年秋金属バットの重さを900g以上に規制
2005〜2014年809試合525本(0.648本)
2015〜2018年329試合264本(0.802本)

創設当初の甲子園は両翼110m中堅120m左右中間128mもあり、親善野球にやってきたベーブ・ルースが「Too big!」と驚くほど大きかった。この当時の本塁打はほぼすべてがランニングホームランだった。1936年に両翼95m中堅・左右中間118mと縮小されてからはランニングホームランが減って本塁打数は減少する。戦後、ラッキーゾーンが設けられてさく越えホームランが増加する。

以後、本塁打数はさまざまな要因で上下していたが、1974年金属バットの導入で事態は激変する。本塁打が倍増したのだ。その後も本塁打数は増え続け、2015年以降は1試合当たり0.802本にもなっている。

端的に言えば、金属バット導入以降、高校野球は「別物」になってしまった。

プロ野球と変わらないペースで本塁打が出ている

今夏の甲子園の数字は、55試合で51本塁打、1試合当たり0.927本。

今季、プロ野球は9月8日試合終了時点で甲子園で49試合が行われているが、本塁打数は49本(阪神14本、広島10本、巨人9本、DeNA6本、ヤクルト3本、中日2本、オリックス3本、ソフトバンク2本、ロッテ0本)。

1試合当たりの本塁打数は1本。高校生とプロの本塁打率がほとんど同じなのだ。

実力差を考えれば、これは異常な数字だと言わざるをえない。

筆者は毎年、春夏の甲子園で観戦しているが、最近目立つのが、アッパースイングぎみでボールをすくい上げる打者が多いことだ。「高校野球といえばダウンスイング」という常識が崩れつつあることを感じる。

折しもMLBでは「フライボール革命」が起こっている。ボールを一定の角度に打ち上げることで本塁打を量産しようという動きだ。昨年はヤンキースのアーロン・ジャッジがこの打法で52本塁打を打って新人王を獲得した。この動きが日本の高校生にも影響を与えているのだろう。

また、最近の有力高校の野球部には筋トレ設備が完備されている。選手はここで筋トレをして、パワーアップに努めている。

高野連は2001年秋に金属バットの打球が速すぎるとしてバットの重量を900g以上にするなど一定の規制をしたが、今の球児たちは筋トレでその規制をやすやすと乗り越えて、打球の飛距離を伸ばしているのだ。

筒香嘉智も金属バットの弊害を指摘

「フライボール革命」の影響を受けるのも、筋トレに励むのも、決して悪いことではない。今の野球界のトレンドに沿った動きではある。

しかし残念なことに、彼らが手にするバットは金属バットなのだ。反発係数が高いうえに、スイートスポットが広い。高校生たちはこの金属バットで本塁打を量産しているが、それはアメリカで起こっている「フライボール革命」とは似て非なるものになっている。

極端な表現を使うなら甲子園の高校野球ではほかの野球ではありえない「フィクションのようなホームラン」が量産されているのだ。

金属バットの弊害については、当コラムで今年の1月に紹介したDeNA筒香嘉智『DeNA筒香「球界の変わらない体質」にモノ申す(2018年1月16日配信)』も、その折に明確に述べている。


2018年1月、堺ビッグボーイズのイベントで打撃を披露する筒香嘉智(筆者撮影)

「いま日本で使われている金属バットの弊害は大きいと思います。日本の金属バットは本当によく飛びます。年々、素材のいいバットが出てきて、飛距離は伸びています。

でも、ドミニカ共和国では16歳以前から木のバットを使っています。アメリカは大学まで金属バットを使っていますが、反発係数に制限があります。日本のバットに比べたら全然飛びません。僕も打たせてもらいましたが、木製バットに近いくらい飛ばなかった。しっかりボールを引き付けて強いスイングをしないと飛びません。

日本では昨年、夏の甲子園の1大会のホームラン記録が更新されました。もちろん優秀な打者が記録を破ったのでしょうが、圧倒的にバットのおかげで飛んでいる姿も目にします。

これは子どもたちのためになっていないと思います。(プロへ進んで)木製バットで苦労するのは子どもたちです。事実、苦労している選手を何人も見ていますし、僕も木製バットになれるまでに時間がかかりました」(筒香)

反発係数が高い金属バットは日本だけ

U18日本代表は、韓国戦では13本、台湾戦では11本のフライを打ち上げた。選手たちは、金属バットの感覚でボールを打ち上げていたのだろう。

しかし手にしていたのは木製バット。打球は選手の思惑どおりに伸びていかず、野手のグラブやミットに収まった。ボールを体の前のほうでさばく打法も目に付いた。金属バットならばそんな泳ぐようなスイングでも打球は飛んでいくが、木製バットではその打法は通用しない。

韓国戦、台湾戦の2試合で日本が打った安打は7安打だったが、長打は三塁打1本、二塁打1本だけだった。

台湾の高校野球は2004年から木製バットを使用している。韓国の高校野球は以前は金属バットだったが、2000年から木製バットにした。そんな中で、日本だけが金属バットをいまだに使用している。

筒香も指摘するように、日本と同様、金属バットが普及しているアメリカでも2012年から反発係数が木製バットと同じ程度になるバット(BBCOR規定=Batted Ball Coefficient of Restitution)しか使用できなくなった。

アメリカではルイビルやローリングス、アディダスなど各社がBBCOR仕様のバットを発売している。現在ではBBCOR仕様でないバットは輸出用以外にはほとんど作られていない。

日本では、大学野球もプロ野球も、独立リーグも木製バットを使用する。社会人には一部金属バットが使える大会もあるが、大部分の大会では木製バットになっている。

高校球児たちは、海外に行かなくても、どのレベルで野球を続けようとも、「金属と木製のギャップ」に直面することになる。

中には日本ハムの清宮幸太郎のように高卒1年目で1軍4本、2軍17本と本塁打を量産する選手もいる。しかしそういう選手は一握りだ。金属バットの特性を利用して本塁打を打っていた選手の多くは、木製とのギャップに苦しむのだ。

U18の韓国戦、台湾戦で木製バットで苦しんだ日本選手は、彼らの近未来の姿を先取りしていたともいえる。

「ガラパゴス化」に歯止めをかけるのは今

「球数制限」や「試合開始時間」「試合間隔」など、日本の高校野球には改革すべき課題は多い。しかしそれぞれさまざまな事情があって、事態は一向に進展しない。金属バットの弊害は、高校生の国際大会のたびに識者やメディアも指摘しているが、これも改善の兆しはない。

世界の青少年野球が「リーグ戦中心」で「球数制限、登板間隔制限」を行い、木製バットや反発係数の低い金属バットで野球をしている中で、日本の高校野球だけが「トーナメント中心」で、球数も登板間隔も無制限の「投げ放題」で、反発係数の高い「金属バット」を使用している。まさに「ガラパゴス化」が進行しているのだ。

このままいけば日本と世界の野球は、乖離が進む一方だ。

金属バットの改定は、高校に経済負担を強いることになる。また高校野球を支援している日本のバットメーカーにも大きな影響を与える。下手をすると海外のBBCOR仕様のバットのメーカーに市場を奪われかねない。

しかし、このまま放置できる問題ではない。それに改革にはコストがつきものだ。

せめて、猶予期間(2、3年またはそれ以上)を設け、この間にメーカーに開発を促し、ゆるやかな移行を図ってはどうか。この秋にも具体的な議論が起こることを希望する。

(文中一部敬称略)