MERS危機のソウル市が捜す64人の外国人 日常接触者には毎日5回電話

ざっくり言うと

  • ソウル市の病院で治療をするMERS患者には、172人の日常接触者がいる
  • 同じ飛行機に乗った外国人64人が含まれており、市は所在地を把握する方針
  • 当事者に事態を伝えて、毎日5回ほど電話をして症状を確認するとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング