20〜30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内の人材派遣会社で事務スタッフとして働く澤田桃子さん(仮名・36歳)。黒の鎖骨下まである髪は毛先が巻かれており、黒目がちな瞳とハッキリと太めに描かれた眉毛が印象的です。服装は白のシフォン素材の七分袖に、ベージュのラップスカートを履いています。ややふくよかな体型とゆっくりとした話し方から、優しそうな雰囲気を感じます。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は山梨県の田舎の地方で、両親と2歳下に弟のいる4人家族です。家族仲は普通だったんですが、一時父方の祖母と一緒に暮らしていて、祖母は足が悪かったので、その介護のために母親は私が中学生の時に仕事を辞めました。子供から見ても祖母と母親の仲はギスギスしていて、家ではまだ大丈夫なんですが、祖父の何回忌などで親戚が集まる時などが酷かったです。父は長男だったんですが、みんなの前で次男の嫁を褒めたり、仲良くしたりするんです。その行為は祖母が亡くなるまで続きましたね。結婚って2人だけの問題じゃないんだなって子供ながらずっと思っていました」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校生の時です。私は中学まで本格的にいじめられたりはしないものの、クラスのボス的な女の子から無視されたことをきっかけに、地味なグループに所属することになり、ひたすら存在を消すように努めるなど地味な子だったんです。なので、中学では男子と話すことさえあまりなかったです。

高校は同じ学校の子が数人しか進学しないところだったこともあり、高校デビューできたんです。髪の毛を親に内緒でオキシドールで少し茶髪にしたり、ピアスを開けて、眉毛と色付きのリップをしたりなど、オシャレに力を入れましたね。そんな努力も実って、高校1年生の時に、クラスメイトから告白されました。彼はクラスではそこまで目立った存在でもなかったし、カッコ良くもなかったけど、付き合うということにすごく興味があったので、いいかなと。彼とは健全なお付き合いというか、2年のクラス替えで私が別の子を好きになって別れるんですが、それまで手しか繋がなかったですね。2年の時に好きになった子には、気づいてももらえずに終わりましたし」

卒業後は、都内の短大へ進学。当初は1人暮らしをさせてもらえる予定だったそうですが、親に内緒で夜中遊んでいたことがバレて、実家から通うことに。しかし、同じ学校で仲良くなった子の家に入り浸っていたと言います。

「親が寝静まってから、家の窓から抜け出して夜遊びを続けていたんですよ。何でバレたのかわかりませんが、朝方家に帰ってきたら親が起きて待っていて、びっくりしましたね。そのことで一時は一人暮らしに傾いていた両親の考えが一転して、実家から通わされることになりました。私は指定校推薦で学校が早めに決まっていたので、遊んでいたことがアダになりましたね。

でも、短大に進学してからは高校の時よりも親の干渉はなくなり、お泊りも自由にできるようになりました。同じ学校で都内に1人暮らしをしている子がいたんですが、その子の家に翌日が一限目の時など週2〜3ぐらいでお世話になっていましたね。短大では友人関係は良好だったんですが、合コンに誘われて行っても不発で彼氏はできませんでした」

初めて本当に好きになった人は7歳上の既婚者

短大卒業後に、都内の海外ブランドのライセンスなどを扱う企業で営業事務として働き出します。そこで7歳上の男性と恋愛関係になりますが、彼は既婚者だったそう。

「販売促進などを担う営業チームの補佐をする部署で働きました。仕事は売上データの管理や、受注、返品などの処理などを行なっていました。そこで営業チームのグループリーダーをしていた男性と恋愛関係になったんです。彼は仕事ができるのに、謙虚で笑顔のかわいい男性でした。年齢よりも若く見えましたね。そして、出会った時から既婚者でした。最初は私が懐くみたいな感じで仲良くなって、会社の飲み会の後2人きりでの二次会に誘われて、男女関係になりました」

順調に交際を続ける中、彼との時間を作りたいという理由で一人暮らしを開始。どんどん彼にのめりこんでいきますが……。

「週に1度くらいでしたけど、レストランで食事してホテルで過ごすような日々でした。ホテルに直行するんじゃなくて、食事を挟んでくれるところに愛情を感じていました。でも、毎回会社から少し離れたところのホテルを利用するので、私の終電が早くて……。どうしても彼と長い時間一緒にいたくて、一人暮らしを始めました。彼と気兼ねなく過ごせるように、会社から少し離れた場所に。でも、一人暮らしを始めてすぐに彼に裏切られてしまうんです。2番手って、こんなに辛いものなんだなって思いました。でも、私はまた同じことを繰り返してしまうんです……」

彼がプレゼントしてくれた白いソファーは、カバーを変えることでまだ使っているそう。

彼の机で見た書類によって知る衝撃の事実!あんなに傷ついたのに、彼女はまた人のものに恋をする。〜その2〜に続きます。