初デートだけど…悪くない!意外と盛り上がったスポット9パターン

写真拡大

デートといったら、映画館や飲食店などの無難なスポットを選んでしまうものですが、変化球的なコース選びがデートのスパイスになることもあるようです。そこで今回は、10代から30代の独身女性237名に聞いたアンケートを参考に「『えー! 初デートでここですか?』と驚いたけど意外と盛り上がったスポット」をご紹介します。

【1】装備をそろえてガッツリ「登山」
「自然が満喫できてよかった」(20代女性)など、山登りはハードルが高そうですが、その分達成感や満足感が得やすいようです。苦楽をともにすることで二人の距離が一気に縮まるかもしれません。また、登山の際には十分な装備と準備をしていきましょう。

【2】歌が大好きな二人なら可能な「カラオケボックス」
「あっという間に時間が過ぎました」(20代女性)など、学生のノリでカラオケデートに繰り出す人も少なくないようです。レパートリーの中からできるだけ幅広い選曲をして、どんな歌だと相手に響くのか、好みを探るといいでしょう。

【3】スポーツで一緒に熱くなりたい「野球観戦」
「野球好きってわけじゃなかったけど、コーフンしました」(30代女性)など、スタジアムの熱気に、女性が新鮮さを感じてくれることもあるようです。相手が競技について何も知らなくても、あきれたりせずルールや楽しみ方をやさしく教えてあげましょう。

【4】疲れがとれてのんびりできる「スーパー銭湯」
「バラバラの入浴だったけど、気にならなかった」(20代女性)など、スーパー銭湯はデートが成立しにくそうですが、温泉好きなら手軽に趣味を共有できるようです。特に初デートだと、女性がお風呂上がりの身支度に時間をかけることも考えられます。集合時間の約束は余裕を持たせるようにしましょう。

【5】いきなり懐かしのアルバムを閲覧できる「男性の実家」
「人となりがわかって、親近感がわいた」(30代女性)など、いきなり実家に連れて行ったことで、距離を縮められたケースもあるようです。ただし、親から質問攻めにあったりすると、女性が「結婚相手としての品定め?」と身構えてしまうかもしれません。

【6】男性の趣味が全開の「磯で魚釣り」
「相手が全部セッティングしてくれたので、意外と楽しめました」(20代女性)など、専門的な趣味だとしても、きちんとフォローすれば初デートとして問題ないようです。自分が夢中になりすぎず、女性にあれこれレクチャーしてあげるほうを優先しましょう。

【7】和服で心静かに「お茶会」
「一度やってみたかったので、満足できた」(20代女性)など、敷居の高そうな場所ほど、「二人の時間」ではなく「体験」のほうに集中できるので、意外と時間がもつのかもしれません。「ちょっと興味あるんだけど、付き合ってくれない?」と、デートに誘う口実としても使いやすそうです。

【8】マンガのおかげで無言でも気まずくならない「ネットカフェ」
「カップルシートで親密感も高まった」(10代女性)など、張り切ったデートとは言えないネットカフェですが、それだけにリラックスして楽しめるようです。ただし、前後で食事に出かけるなど、きちんと会話も楽しめる機会を設ける必要があるかもしれません。

【9】いきなり新婚気分が味わえる「郊外にある大型スーパーマーケット」
「お互いの生活がのぞけてよかった」(20代女性)など、初デートにしては生活感のある場所での買い物も、二人の今後をイメージするのに役立つことがあるようです。彼女に積極的に意見を求めてコミュニケーションできるといいでしょう。

日常的に利用するスポットでも、女性にとっては新鮮に感じられることがあるようです。見栄を張って堅苦しいデートをするよりも、思い切って自分のフィールドに相手を引き込んだほうが親密になれるのかもしれません。(BLOCKBUSTER)

【調査概要】
期間:2013年6月20日(木)から6月27日(木)まで
対象:合計237名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査