2018年9月6日3時8分ごろ、北海道の胆振地方中東部で最大震度6強を記録する地震が発生した。

北海道電力の発表によると6日午前時点で、道内のすべての火力発電所が停止し、道内全戸の約295万戸が停電している。新千歳空港は全館で停電し、新千歳発着などの国内線計約224便が欠航し、計約4万人に影響が出ているという。

そんな中、6日11時10分に報じられたNHKのニュースが話題となっている。

それは、「旭川空港は通常通り運航」という見出しが付いた、NHK NEWS WEBの記事だ。旭川空港では、地震による被害はなく、自家発電機を使って空港のビルに電気の供給できている。このため羽田便と名古屋便は、通常通り運航している、と報じているのだ。

「旭川空港まじで世界最強だな」「さすが旭川空港さすが」


旭川空港(663highlandさん撮影、Wikimedia Commonsより)

ツイッターに寄せられた人々の声を見てみよう。

「旭川空港飛行機飛ばせてるのスゴいな」「旭川空港まじで世界最強だな」「さすが旭川空港さすが」「旭川空港...強すぎ」などと絶賛の嵐......。

「旭川空港は雪だけでなく地震にも強かったのか」「こんな時でも旭川空港は通常...!」と驚く人が多い。

実は旭川空港、昨年冬、雪の多い地域でありながら、極めて就航率が高いことをPRするポスターを制作して、話題になったことがある。就航率「99.1%」という数字が大きく強調され、「雪でも着く飛ぶ...旭川空港です」というキャッチコピーが付けられたポスターだった。(参照:どんなに雪が降っても「就航率99.1%」 旭川空港ポスターが話題)

就航率の高さは、北海道民の中では定評があるのだが、今回は、「雪だけでなく地震にも強い」ことが証明されたことになった。

「旭川空港、強かったです笑...とりあえず、羽田まで帰って来られたのでよかったです」「羽田から飛行機は来てて遅延はあるけど定期の便は飛ぶもよう」などといった、実際に旭川空港を利用した人からの投稿もあった。


「旭川空港ターミナル」PRポスター