自宅に帰る宮田。ふたりの出入りは何度も確認できた

写真拡大

 Hey! Say! JUMPの山田涼介(25才)とモデルの宮田聡子(29才)が3年にわたって極秘交際を続けていることが発覚した。

 7月末の夕方、都内のオフィス街にほど近い超高級マンション。胸元が大きく開いたノースリーブにワイドパンツ姿の美女がエントランスから入って行った。その2時間後、今度はキャップを目深にかぶった男性が出て行き、知人らと食事を済ませ深夜に帰宅。早朝になると、先ほどの美女がマンションを出て都内のスタジオに向かう。一方の男性は迎えに来たワンボックスカーに乗り込みテレビ局へ。男性はHey! Say! JUMPの山田涼介。女性はモデルの宮田聡子。ふたりが同じタイミングで外出することも、外で会うこともほとんどない。そんな極秘交際は3年を迎えていた──。

 全員が平成生まれで、「平成の時代を高くジャンプしていく」という意味が込められ、2007年に結成したHey! Say! JUMP。デビュー10周年の昨年は、NHK紅白歌合戦に初出場。そのセンターを務め、“絶対エース”と呼ばれるのが山田である。

 一方の宮田は170cmの長身、抜群のスタイルで“9頭身モデル”として、『with』(講談社)や『ar』(主婦と生活社)などのファッション誌やショーで活躍するカリスマモデル。最近はバラエティー番組などにも出演するほどの人気だ。

「交際のきっかけはまるでドラマのようだった」とふたりの知人は語る。

 出会いは4年ほど前。知人たちとの食事会の場だった。普段から飲み会の場にはほとんど顔を見せない山田と宮田は、どことなく居心地が悪そうだったという。

「その日は、ふたりともすぐに帰ってしまったんですよね。ただ、何かをこぼした時に山田くんに貸したのか、宮田さんがハンカチを置いていってしまった。山田くんは彼女の連絡先も聞いていなければ接点もなかったのですが、いつか返さなくてはとハンカチを洗ってとってあったとか。そのまま1年が過ぎて、ある日、テレビ局で彼女とバッタリ。今度ハンカチを返しますということで、再び会うことになったと聞きました。山田くんの誠意ある真面目な態度に、宮田さんは好印象を持ったようです」(前出・ふたりの知人)

 山田はかつて自分の恋愛観を雑誌でこう明かしていた。

《好きになるコは出会いから純粋な友達だとは思わないもん。オレは結構ファーストインプレッションを大事にしてて、そのときに何も感じなければ恋愛対象になることはないよ》(『POTATO』2016年3月号)

 山田にとって宮田は出会った時から特別な対象だったのかもしれない。出会ってから1年越しでようやく連絡先を交換。山田も宮田も意外にもインドア派で、友人を招いた自宅でゲームをする機会も増えていった。

「お互いの家を行き来するようになり、周囲が気づくと自然と交際に発展していたという感じでした」(前出・ふたりの知人)

 この頃の山田は『暗殺教室』(2015年3月公開)で映画初主演を果たし、年末の日本アカデミー賞では新人俳優賞を受賞。アイドルとしてだけでなく、俳優としてもメキメキと頭角を現していた時期だった。

 本誌・女性セブンは今年の初旬頃にふたりの交際情報をキャッチ。取材を進めるなかで、冒頭のように同じマンションに出入りする姿を何度も目撃してきた。

※女性セブン2018年9月20日号