霧に包まれたゴールデンゲートブリッジや街中を走るケーブルカー。サンフランシスコに対して、SNS映えするようなイメージを抱く人は多いはず。でも実はこの街にはある深刻な問題があるのです。

それは、人糞。

ホームレスが多いサンフランシスコでは、この街で育ったロンドン・ブリード市長も「ここまで酷いことは今までなかった」と言うほど、道端にたくさんの人糞が落ちていて人々を悩ませています。

そこで、「San Francisco Public Works」はある策を講じることを決めました。街中にある人糞を探し、清掃してくれる人、つまり“うんこパトロール”をしてくれる人を雇うこと。

しかもこの仕事、手当を含めると年に184,678ドル(約2,000万円)ももらえるんだとか!かなりの高給でビックリ。たしかに大変な仕事ではありますが……。

Top image: © TABI LABO

60秒以内で読める記事だけ。
「World Topics」で好奇心をサクッと満たそう!

もはや世界レベル!広がるプラスチック製品禁止の動き
インドの学校で始まった新しい授業。その名も「幸福」
フランスの小中学校で、スマホの使用が法律で禁止に