田中理恵さん

写真拡大

 元体操女子日本代表の田中理恵さんが30日、ツイッターで、元体操選手が、宮川紗江が体操協会をパワハラ告発したことに「多くの体操選手が抱いていた疑問」と訴えたインスタグラムをリツイートした。田中さん自身はこの問題についてコメントはつぶやいていない。

 体操協会のパワハラを訴えた宮川の会見は大きな波紋を広げているが、女子体操をけん引してきた田中さんが、一人の元体操選手のインスタ投稿をリツイートした。

 そのインスタは「今は体操競技から離れて」いる女性で、現在はダンスやさまざまな職種のアルバイトをしており「今体操から離れた私だからこそ、その人達にこの問題と体操競技を知って頂き、何か伝えられることがあればと思い、この文章を書いています」と、投稿理由をつづった。

 その文の中には「この問題は前から多くの体操選手が抱いていた疑問であり、私もそう感じていた1人です。でもみんな怖くて言えないんです」と自身も、パワハラを感じていたことを吐露。「それをあのちっちゃいさえは勇気を出して1人で訴えかけてくれました」と、宮川の勇気に敬意を表した。

 もちろん「暴力はいけない」と速見コーチによる暴力は否定したものの「でもこれは違うと思う」ともいい、「今後、体操選手がより良い環境で伸び伸びと体操が出来ることを願っています。どうかさえも勇気を無駄にしないでほしい」と呼び掛けたものだった。

 田中さんがリツイートしたということは、この女性は田中さんも知っている女性で、内容にも同調している可能性が高い。田中さん自身はこのリツイートに関して、何もつぶやいてはいなかった。