見事な完走だった

写真拡大 (全2枚)

 ゴールの120メートル手前、満身創痍の身体を一歩、また一歩と進めていたみやぞん(33)はふと足をとめた。会場の日本武道館前に駆けつけた群衆から盛大な拍手が湧く。ガッツポーズで応え、サンバイザーを取って深々と頭を下げた。『サライ』の大合唱が響く武道館に入ると、汗と涙で顔を濡らし、感無量の表情でゆっくりとゴールテープを切った──。

 8月25・26日に放送された『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)は感動のフィナーレを迎えた。恒例のチャリティーマラソンは、水泳1.55km、自転車60km、マラソン100kmという史上初のトライアスロン形式で行われ、お笑い芸人のみやぞんが挑んだ。

 レギュラー出演する『世界の果てまでイッテQ!』で驚異的な身体能力を披露してきた彼だが、2日目の最高気温は37度超の猛暑で、途中予定より1時間遅れるハプニングもあった。ゴール後のインタビューで「途中で何度も諦めそうになった」と語るほど限界に達していたが、気温が下がると一気にペースアップ。見事、放送時間内の午後8時45分に完走した。

 視聴者に感動を与えたみやぞん。しかし、そこに水を差すような報道が一部であった。

「『週刊文春』(8月30日号)で、みやぞんのギャラが2000万円だと報じられました。番組の性質上、出演者が高額なギャラをもらっていると思われるのはイメージが悪く批判も多いので、いつも前向きなみやぞんも心を痛めた様子でしたよ」(芸能関係者)

 日テレ関係者は「そもそも2000万円報道はウソ! そんな額じゃありません」と報道を否定する。

「毎年、チャリティーランナーのギャラは800万円ほどが相場でした。ただ、今回はトライアスロン形式で3競技に挑戦することから、練習量もぐっと増えるので、特別に約1100万円で契約になったようです」

 1100万円でも十分高い!と思うかもしれないが、ほかの出演者はというと、

「スペシャルサポーターの南原清隆さんは約1200万円、応援団長の出川哲朗さんと総合司会の羽鳥慎一さんが約1000万円だそうですから、あれだけの時間と労力をかけている割には少ないと思います」(前出・日テレ関係者)

 しかし、こんな特典も待っているという。

「今後は日テレのゴールデン番組への出演が激増する予定で、念願の冠番組も検討されているそうです。日テレ制作のドラマや映画からのオファーもあるでしょうし、来年には年収がグッとアップするのではないでしょうか」(前出・日テレ関係者)

 日テレ広報部にみやぞんをはじめ各出演者のギャラについて確認したところ、「番組制作上の詳細についてはお答えしていません」というのみだったが、みやぞんにとって「感動のゴール」は、「次のステージへのスタート」だと言えそうだ。