実家が経営していた店は今…

写真拡大

 臙脂色のふかふかの絨毯。グランドピアノを囲むように黒いソファが設えてある。高級酒のボトルがずらりと並ぶバーカウンターでは、正装したバーテンが小刻みにシェイカーを振る。最先端のカラオケセットもあるが、今はピアニストが心地良い音色を奏でている――。

 大阪駅にほど近い雑居ビルの2階。表札には「The Bar」。テレビの司会者、弁護士、医師、不動産屋だか何だかがご機嫌で酒を呷っている。ここは、オーナーに連絡した時のみオープンする会員制・完全貸切の秘密サロンである。

 閑話休題。7月30日、“アメフト問題”に揺れる日本大学は、内田正人前監督(63)と井上奨(つとむ)元コーチ(29)を懲戒解雇処分とした。そして同日夜、第三者委員会が最終報告書を公表。本誌(「週刊新潮」)が“黒幕コーチ”と報じた人物の卑劣な行為が白日の下に晒された。

実家が経営していた店は今…

 その男、井ノ口忠男氏はアメフト部コーチで日大の理事を務めていた。報告書によると、反則した選手に口封じを試み、従わなければ「日大の総力を挙げて潰しにいく」と脅したという。

 実は、この井ノ口氏の姉こそが冒頭の秘密サロンのオーナーなのである。

消えた“井上ケーキ店”

「お姉さんは広告代理店を経営しとってね。大口顧客は某パチンコチェーンやけど、ここ4、5年、チェーンの業績が低迷。それで代理店も資金繰りが悪なって、彼女も辛そうやったわ」

 とサロンの会員が明かす。

「それが、去年くらいからお姉さんの機嫌が良うなったんや。“代わりの金づるを掴んだらしいで”なあんて話しとったら……」

 それが“日大”だったというわけ。弟が日大理事に就任したのは昨年秋。なるほど、ビルのポストには「日本大学校友会大阪支部」なんて表札もある。張り紙が貼ってあり、「郵便物は6階の会社へ」。井ノ口氏が代表を務める会社である。そもそも“日大ビル”というべきこのビルそのものが氏の所有なのだ。氏は7月4日に理事を辞任したというのだが……。

 1階には、6月まで“1杯900円”の高級野菜ジュース店が居を構えていた。

「ジュース屋の前はケーキ屋。経営者は一緒やね」

 と近所の主婦が語る。

「どっちの店もお客さんおらんくて、不思議やな思てたんやけど、あそこは卸しがメインやったらしいよ」

 実はこの店も“日大”印だった。先の会員によると、

「井上元コーチの実家が経営していた店ですわ。『日本大学特製バウムクーヘン』というんを、ここから大学に納めてました。今はもぬけの殻になってます」

 夏草や兵(つわもの)どもが夢の跡。

「週刊新潮」2018年8月16・23日号 掲載