「ちゃっかりはん」「みみずく3D」「サバゲーはじめてやったやつ」…土偶のあだ名を考えたら、三者三様だった。

写真拡大 (全48枚)

「縄文時代」のファンがじわじわと増えているのをご存じだろうか。彼らは言う、「今こそ縄文が面白いのだ」と。大げさな…と思っていたら、東京国立博物館では9月2日まで特別展「縄文−1万年の美の鼓動」(以下、縄文展)が絶賛開催中。せっかくの機会だから、この夏は縄文の魅力を探ってみる?

参加者は左から…
議長
望月昭秀(もちづき・あきひで)
フリーマガジン「縄文ZINE」編集長。この「縄文ニックネーム会議」の発起人であり、今回ニックネームをつける考古資料の選出者でもある。近著に「縄文人に相談だ」「縄文力で生き残れ」ほか。
“縄”任理事
藤岡みなみ(ふじおか・みなみ)
縄文を愛するタレント、エッセイスト。新曲「スウィート・サイエンス」が好評発売中。北海道で中空土偶を見て縄文にハマり、望月さんの発行する「縄文ZINE」にもたびたび登場。
第三者委員会
小山健(こやま・けん)
「生理ちゃん」「お父さんクエスト」などの著書があるマンガ家。望月さんに頼まれ、ときどき「縄文ZINE」にあまり縄文と関係ない漫画を描いている。いまだ縄文の魅力に開眼する気配がない。
皆さん。本日は「縄文ニックネーム会議」にご参加いただきましてありがとうございます。
よろしくお願いします。
縄文土器や土偶って、出土した遺跡の名前が付くことが多いんです。そのこと自体は悪くないんですけど、やや記号的というか、名が体を成してない部分が否めないんですね。そんな中で最近、自治体などでも土偶に名前を付けようというムーブメントがちょっとありまして。でも、まだまだ名前が付いているものは少ないのが現状です。
私は、博物館で友達と話しながら「これって猫っぽいよね」とか、簡易的にニックネームを付けたりします。そうすることで観察眼スイッチが入るんですよね。ニックネームとして形容することで「こういう見方があるな」って気付くことがあるし、純粋に、あだ名があったほうが仲良くなれると思います。
僕は「第三者委員会」ということで、正直、あんまり縄文のことを知らない、興味のない立場ではあるんですけど…今流行ってる言葉とかを組み合わせたら面白そうですよね。
そういった経緯がありまして、「ニックネームを付けたら、土偶や土器がもっと愛されるんじゃないか」ということで、今回、この会議を開催する運びとなりました。ちなみに、大事なことですが、この会議で出したニックネームは、正式名称になるわけじゃないですよ(笑)
勝手にやってるだけですもんね(笑)
でも、ものすごく良かったら…
もしかしたら…
期待はだめです!始めましょう。
 
ハート型土偶(出土:福島県郡山市荒小路遺跡、所蔵:福島県文化財センター白河館)
まずはこれですね。「ハート型土偶」の一種です。一番有名なハート型土偶は顔の部分がちゃんとハート型になっているんですが、これはハートじゃなくて丸い顔なんです。
これは福島県の土偶ですよね。確かに、「ハート型じゃない…」ってちょっと思っちゃいます。
それにしても、いい表情してますよね。
形も面白いですね。胴のところが持ちやすそう。持ちやすさを追求した形してますね。
確かに!
ではさっそく、それぞれが考えるニックネームを発表していきましょうか。
 
スケッチブックに考えたニックネームを書き、発表してもらいます。
…ちょっと、ちょっと待ってください!
はい。
全然、ニックネームが思い付かない…!
えっ、ガチでその場で考えるスタイルですか?
望月さんが選んできた土偶だというのに!
即興企画と見せ掛けて、スタッフさんから「事前にニックネームを考えていただいても構いません」っていうありがたい土偶リストが届いたというのに!
フリーズする望月さん。
議長〜!ニックネームを付けたいから、この子を選んできたんじゃないんですか!
これが「IPPONグランプリ」だったらどうするんですか!
ネタに困って、リサーチをし出す望月さん。
も、もうちょっと時間ください…
僕は一番、こうなりたくなかったんですよ!(笑)
 
大変お待たせしました。発表です。フリップを出したあと、それぞれの回答を順番に見ていきましょう。
じゃん。
(小声で)
やれた、やれた、やれたとは言えない…
はい、私はこれです。「ちゃっかりはん」。顔がちょっと「ひょっこり」してるのと、あと、人気の「ハート形土偶」っていうシリーズにちゃっかり参入しているところから。
いきなりうまいですね〜、これ!表情も、芸人の「ひょっこりはん」っぽいですし。
本当にあだ名にありそう。
望月さん、カオアシ?
顔と足が印象的だから。あとアニメ「千と千尋の神隠し」の「中の人」みたいに見えたので。ジブリファンへの目配せも兼ねています。
計算高い(笑)
めちゃくちゃ悩んだ末に、コレなんです…(笑)
僕が考えたのは、ちょっと長いんですけど。
長っ!
彼女と一緒にいるときに、別の女の人からメッセージが来て、それがスマホのトップ画面に1、2行表示されちゃったときの、彼氏の顔です。
「〇〇くん、さみしいよ〜」みたいなLINEですね。
目の前にいる彼女に「ねぇねぇそれ返さなくてええのん?」とか言われて。
ちょっと待ってくださいよ、これニックネーム会議ですよ!(笑)「お題でひと言」みたいになってます!
でも、そういう顔にしか見えなくなってきちゃった。
 
みみずく土偶(出土:赤城遺跡、所蔵:埼玉県教育委員会)
これ、あだ名考えるの難しいな〜。
ちょっと説明しましょうか。「みみずく土偶」っていう形式の土偶があるんですね。千葉や埼玉、群馬など関東付近で出ている土偶なんですが、割と薄くて、自立しない形状のものが多いんですよ。

一方で、北東北に「遮光器土偶」っていう有名な土偶があります。これは中が空洞になっていて、立体的なんです。

今回、選んだみみずく土偶は、顔はみみずくなのに、中空で立体的な縄文晩期の土偶です。北東北から流れてきた立体的な遮光器土偶を見て「いいな」と思ったのかどうかは分からないですけど、その影響を受けた土偶なんですね。
みみずくっていうのは、動物のみみずくなんですか?
はい、ふくろうに似ているということで。みみずくの雰囲気をそのままに、立体化したのが今回のこれですね。うん、これは僕もすぐに書けそう。いきましょう。
じゃん。
これはストレートに、3D化したみみずく土偶ということで「みみずく3D」。
知識を踏まえた見解ですね。
オリジナルなみみずく土偶が2Dだとしたら、立体化して画面から飛び出してきたっていうところですね。
解説聞いたら納得しますね。
私のは、ほのぼの系です。「ふんばりん」。
あはははは!かわいらしい!
表情も踏ん張ってるし、足も踏ん張っているところが特徴かなと思ったんで。
藤岡さんが考えるのって、すごくあだ名っぽいですね。クラスメイトに付けるやつ。
仲良くなれそうじゃないですか?
ぼくはこれなんですけど。
「僕は死にません」…?
武田鉄矢の!
両手を広げて仁王立ちしてるんです。トラックの前で。
第三者委員会、予想通り、かなり違う視点をもたらしてますね。でもそれ、ニックネームですか?(笑)
現代のものを、あえて土偶に当てはめてみようと思って。「ぼくは死にません」は現代でもないか、だいぶトレンディか。
縄文からしたら、現代ですね。いいですね。こんな感じでドンドンいきましょう。
 
角偶(出土:函館市戸井貝塚出土、所蔵:市立函館博物館)
これは函館の「角偶(かくぐう)」です。鹿の角で作られていて、角偶の中では大きいほうなんですが、5cmくらいかな。
へえ、小さい。
この穴の開け方は、ひすいに穴を開けるのと同じ方法かな?きっと作るの大変でしたよね。
一番上の3つの穴は、作った本人的には、目・目・口なんですか?
ちょっと分からないですが、もしかしたら両側は目じゃなくて耳かもしれないですね。縄文時代って、耳飾りがたくさん出土していて、耳の方が重要だったりするんですよ。このひとつだけ貫通している穴は、紐を通して、どこかにぶら下げていたのかもしれない。
この穴がたくさん空いた感じ、すごいなー。小学校5年生のケシゴムを思い出しました。シャーペンを使い始めたときに、トントントントンって穴、開けてましたよね。
 
じゃん。
今度は小山さんのから見ていきますか。
こういう。
そっか!(笑)下手なんですね!無防備に出てきちゃって。
むちゃくちゃ下手くそな人ですね。あ〜でも、ちょっと僕の発想も近い!
あ〜なるほど!
「俺たちに明日はない」って映画があって、ラストシーンで主人公カップルのボニーとクライドが車の前でババババって撃たれて蜂の巣になるんです。そんなストーリーを重ねました。
銀行強盗してたんですか⁉︎この角偶。
わ〜、発想がかぶった。変えたい。もう一個思い付いたんで変えたい。
どうぞ。
パリコレ!前衛的なおしゃれっていうか。確かに、ポージングもかっこいい。
パリコレっぽい土偶、多そうだなあ。
理解できないものを、パリコレにまとめ過ぎです(笑)
これは説明させてください!穴がいっぱいあるから、「アナスタシア」っていう言葉が頭から離れなくって。アナスタシアってギリシャ語の女性の名前なんですけど、それに「スタスタ歩いてる」感じを絡めたいなと思って。
ほー。言われてみれば、ちょっと傾いてて、足の長さが違うので、歩いてるような、動的な感じを出そうとしたのかもしれないですね。
ランウェイを歩いてるようにしか見えなくなってきた。