24日夜、奈良県十津川村で国道425号の路面が崩れて通行できなくなった。台風20号による大雨の影響とみられ、県や村は8世帯14人が孤立した状態になっている可能性があるとして、集落の住民と連絡を取りながら状況の確認を急いでいる。NHKニュースが報じた。

村によると、水や電気などのライフラインに支障はないということで、住民とも連絡がとれているという。住民の1人は電話での取材に対し「水や食料はあり、体調を崩した人もいない」と話していた。

奈良 十津川村で国道崩落 14人孤立か(NHKニュース)