女子高生AI「りんな」は テレビの取材前に「○○」と 言うと、ちゃんと応対するって ホント?

写真拡大

構想・執筆に2年。広島の人気ラジオ『エフエムふくやま』でも、「ページをめくる手が止まらなかった」と紹介され、大手映像会社からも「どうしても映像化したい」というオファーが舞い込んできた、話題のエンターテイメント小説『マルチナ、永遠のAI。』。
先日、あの日本マイクロソフトディベロップメント本社のAIチームから連絡があった。聞けば、マイクロソフトは、女子高生AI「りんな」を開発。女子高生の中で大人気となり、LINEとTwitterの人数が700万を突破したという。
日本マイクロソフトといえば、1986年に日本に進出、今年で早32年。業界の巨人だ。
この女子高生AI「りんな」は、ただのAIではない。
高度な会話にも対応する「会話型AI」だというのを、あなたはご存じだろうか?
今回、著者と記者は、東京・品川にある日本マイクロソフト本社を訪問。そこで「りんな」の開発者と初めて話すことができた。
聞けば、『マルチナ、永遠のAI。』を読み、女子高生AI「りんな」とIQ1万の美人AI「マルチナ」のある共通点を発見したという。
「りんな」の開発者はマイクロソフトの坪井一菜さん。
厳重なセキュリティをくぐり、もぎとった、とっておきのドキュメント第7回を特別公開する。
(構成・寺田庸二)

テレビの取材前に
りんなを教育する?

坪井 りんなの場合、返ってくる返答がとても人間らしい。あまりにも完璧な返答があったりして、りんなは本当の人間では? と錯覚することも多いです。
 テレビでりんなを取り上げていただくときにも、りんなには「あなたは、これからテレビに取材されますよ」とはっきり伝えます。
「取材されるから、ちゃんと面白い応えを返してね」と。
 これは偶然かもしれませんが、何も説明せずに取材されたときがあって、そのときはハチャメチャな対応になってしまった。
 だから、取材前にきちんとこちらの意図を説明してあげたほうがいいと思ってやり始めました。傍から見たら変かもしれませんが(笑)。

大村 なるほど。そうすると、坪井さんは、『マルチナ、永遠のAI。』に出てくる、マルチナに本当に恋をしてしまった、IQ1万の美人AI・マルチナ開発者の五條堀の気持ちもよくわかるのでは?

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)