トヨタ自動車「カムリ」(撮影:尾形 文繁)

10代目が日本国内で発売されてから1年が過ぎた

トヨタ自動車「カムリ」。昨年7月に約6年ぶりのフルモデルチェンジ(全面改良)で、現行10代目が日本国内で発売されてから1年が過ぎた。


東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

カムリはアメリカで絶大な人気を誇り、2002年以降15年連続でアメリカの乗用車販売台数ナンバーワンを獲得し続けたモデルだ。

カムリは、中型の4ドアセダンで、「クラウン」や「マークX」の中間に位置する大きさである。車体の長さはマークXより長く、幅はクラウンより少し広い。カムリと、クラウンやマークXとの大きな違いは、カムリが前輪駆動であるのに対し、クラウンとマークXは後輪駆動であるということだ。

アメリカでの人気に比べ、日本国内でカムリは、その存在をあまり認識されていなかったかもしれない。クラウンが1955年、マークXが以前の「マーク供彁代の1968年に誕生したのに対し、カムリの初代は1980年の登場である。


後部座席(撮影:尾形 文繁)

クラウンは、日産自動車「セドリック」や「プリンス・グロリア」と国内最上級セダンの座を競い、マーク兇蓮屬い弔はクラウン」の1つ手前に位置付けられ、小型乗用車「コロナ」の次の段階として手ごろかつ上級さを備えた車種として人気を確立していった。それらに比べカムリは、室内の広さを謳った合理性が特徴で、「カローラ」→コロナ→マーク侠クラウンというように、徐々に贅沢な階段をのぼり出世するようにクルマの買い替えをする日本には馴染みにくかったのかもしれない。

一方、アメリカや欧州の市場は、クルマなしでは生活に困る住環境があり、歩かず楽に移動できるクルマは生きるために不可欠だ。そこに、合理性を備えたカムリは適合したのだろう。なおかつ、日本製品特有の故障しにくさも喜ばれたはずだ。

かつて「アメリカでは、新車を購入することが苦痛だ」という話を耳にしたことがある。それはアメリカメーカーの車に当てはまる。新車を買ってはじめの数カ月は不具合が起きやすく、整備工場へ頻繁に持ち込まなければならないということが当たり前だったそうだ。

ならば、一度買ったクルマを長く乗り続ければいいと思うのだが、アメリカではリース契約により使用料を払う感覚でクルマを手に入れる例が多いので、リース契約切れすれば新車に替えざるをえない。

その点、カムリなら、あるいは日本車なら、ことにトヨタ車なら信頼性が高く、新車に買い替えたあとの面倒が少ない利点がある。したがって、過去、J.D.パワーによる顧客満足度でトヨタや日本車が上位を占めたのである。


ステアリング(撮影:尾形 文繁)

またアメリカに住む友人に聞いた話では、中古車のカムリもよく盗難に遭うという。なぜなら、部品が高く売れるからだそうだ。それほど、日本車、トヨタ車、そしてカムリへのアメリカ人の信頼は高いものがある。それが、15年連続乗用車販売ナンバーワンの背景だ。

国内ではどうか

では、国内ではどうか。日本ではこの30年で「セダン離れ」が進んできた。昭和の時代までは、乗用車といえばどれもこれもセダンだった。消費者は排気量と価格に応じて、自分に見合う車種を選んでいた。

ところが平成に入ると時代は一変。ミニバンやコンパクトカー、SUV(スポーツ多目的車)など車種の 選択肢が増えた。収入水準に見合うセダンに買い替えるという消費行動パターンは、遠い過去の話だ。それもあってか、9代目までのカムリも人気は低空飛行という状態だった。日本自動車販売協会連合会の統計によれば、10代目カムリが登場する前の2017年は1〜6月までの国内販売台数トップ50位までに、カムリの名は出てこなかった。


運転席(撮影:尾形 文繁)

10代目カムリは、2017年7月10日に発売された。その7月の日本自動車販売協会連合会による乗用車ブランド通称名別新車販売ランキングでは、26位に顔を出した。2018年6月にフルモデルチェンジをしたクラウンが2017年7月時点で前型としてモデル末期だったとはいえ、それまで毎月2000台前後から時には3000台近くまで売っていたクラウンを抜いてのトップ50入りであった。


2018年になっても勢いは続いている(撮影:尾形 文繁)

26位の意味は、対前年同月比の数値からも見えてくる。7月は実質20日ほどしか新車販売の営業日がなかったが、3244台の販売台数は、なんと744%の伸びだった。つまり前年同月比で6倍以上である。なおかつそれが瞬間風速でない証拠に、2017年の1〜12月の通年でも36位で、販売台数は1万8854台、対前年比384%である。約半年間で、前年の3倍近い台数が売れたことになる。

2018年になっても勢いは続いており、1〜6月の集計で34位、販売台数は1万2057台、対前年比1214%(11倍以上!)である。この成績は、33位のクラウンに続く。

カムリはこの1年、健闘したといえる

繰り返しになるが、クラウンは2018年6月にフルモデルチェンジし、6月時点で4000台超えの台数を記録して20位に順位を上げているので、今年の通年となると差が開く可能性はある。とはいえ、クラウンと比較しつつ数字を見ていくと、カムリはこの1年、健闘したといえるだろう。

その理由はいくつかあるだろうが、もっとも影響が大きいのは内外装のデザインだ。開発責任者のチーフエンジニアは、「理屈抜きで格好いいデザインを目指し、カーデザイナーの描いたスケッチをそのまま実現した」と、力説した。外観の顔つきも印象深いが、室内のダッシュボードは斬新な造形で、運転中に目にする内装の雰囲気に満足を覚える人は多いのではないか。


足回り(撮影:尾形 文繁)

そのうえで、低重心なつくりにより意のままの走りを実現したという。すべての車種がハイブリッドで、トヨタの先進安全機能をすべての車種に標準装備した。発売から1年間で、新型カムリは十分な成績を残したといえるだろう。

余談ながら、今年1〜6月の半年間でカムリとクラウンを合わせた販売台数はトップ50の20位あたりと位置付けられ、「セダン離れ」が必ずしも当てはまらないとも言えそうだ。

低迷してきたカムリが、デザインのテコ入れと、価格に見合う装備や走行性能を満たせば、セダンを待っていた消費者がいることを証明してみせたのではないか。

輸入車を見れば明らかなように、きちんとした4ドアセダンを生み出せるかどうかが、その自動車メーカーの本当の力量を見分ける指標になると考えられる。カムリの健闘は苦しみながらも、向き合ってきたトヨタが出した「セダン離れ」への一つの解だ。