豪華MC軍団がお送りする『イッテンモノ』のAbemaTVオリジナル『 若イッテンモノ 』の第2回が放送された。『イッテンモノ』はテレビ朝日系列地上波で毎週水曜深夜0時15分から放送中(※一部地域を除く)の「トークバラエティ&即興漫才」番組。今回のAbemaTV版『若イッテンモノ』では、お笑いコンビ・三四郎の2人をメインMCに迎え、ゲストに元AKB48西野未姫が登場した。

 ゲストは、次世代を担う若手実力派漫才師5組のメンバーから2名を指名。選ばれた漫才師2人は、力を合わせて即興で漫才を作る。作成時間はわずか10分間。実力派たちがゲストのために一点物のオリジナル漫才を披露する。

 登場した芸人はニューヨーク、ペンギンズ、モグライダー、東京ホテイソン、四千頭身の5組。この中からゲストに選ばれる漫才師は2組。コンビの枠を超え、シャッフルで指名される。

 AKB時代を全部ぶっちゃけることになった西野。AKB時代は「お金に困ったことはなかった。当時は選抜メンバーに選ばれて、可愛かったので注目されていた。親が管理していたので詳しくは分からないけど、買いたいものは買うし、食べたいものは食べていた。月に自分のカードにいくらと決まっていたが、足りなくなったら『追加して』と言っていた」と明かす。そんな西野の振る舞いを見ていた三四郎・相田は「だんだん、松野明美さんに見えてきた」とツッコミを入れる。

【バラステ】若イッテンモノ
元AKB48西野未姫「絵に描いたような転落人生」
⇒ 【期間限定Abemaビデオが無料・2018年8月19日まで】
(※スマートフォンアプリ、FireTVStick、ChromeCastから視聴可能です)

 現在は週3のバイト生活を送っているという西野。西野は「卒業して次の月から焼肉屋さんでバイトしている。レジもして、時給が1000円。バイトだけではやりくりできないので、バイトと芸能のお仕事。バイトを超頑張ったときに月に20万円いくかいかないか。お金がないという状態になったことがなかったけれど、今は1000円のありがたみを感じる」と話した。

 番組では西野のアルバイトに密着。働いているのは新大久保にある焼肉「IWA(イワ)」。仕事の内容は「ドリンクを作って、肉を届けて、あとはレジ」だという。洗い物もこなしている。

 実はこの店、元AKB48の内田眞由美が経営しており、AKBメンバーやファンも訪れる有名店だ。西野はファンのテーブルで「ハラミはいらない? 中落ちカルビは?」と強引に注文を取っていく。そして客と15分おしゃべり。散々しゃべった後はまかないを食べる。その後も次々と来る客とおしゃべりを続ける西野。結局、3時間のバイト時間のうち、2時間20分もの時間をおしゃべりをしていた。

 西野はTwitterで店への出勤日を公表しており、それを見たファンが予約をするのだという。そのツイートを見たニューヨークの屋敷は「これ、汚れ芸人がバーでやるヤツ。これやったら芸人終わりと言われている」とコメント。モグライダーのともしげは「食べる姿は良かった」と謎のフォローをする。

 番組では、収入に続き、住んでいる家を比較。AKB時代は品川区のタワーマンションで家賃は21万円。西野は「このときは事務所が候補を出してくれて、全部20万円以上だった。私は静岡から上京してきて、東京の自宅は20万円以上が当たり前だと思っていた。10万円の家があることすら知らなかった。だからこれが普通だと思っていた。事務所はセキュリティを考えてやってくれていた。今考えたら『ナメてんな、お前』と思う」と振り返った。

 そして今は荒川区の駅徒歩15分、家賃は8万円の物件に住んでいる西野。部屋には収納しきれない靴と洋服、バッグが大量に溢れている。「以前は1LDK(13畳+8畳)に住んでいて、そのまま家具を持ってきている」のだという。セミダブルのベッドは何とかそのまま使っているが、入り切らない他の家具は実家に置いてきた。

 ライブもAKB時代と比べ、かなり変わったという。AKB時代は東京ドームで約4万2000人を動員していた。西野は「初めてのコンサートが東京ドームだった。武道館も5大ドームもやっているし、国立競技場でもやった。研究生だけで『ヘビーローテーション』をやるときのセンターだった」と当時を振り返った。

 今は、先日代アニLIVEステーションで行われたライブの観客はわずか10人。西野は「キャパは200人くらい。私と他のアイドルグループで対バンみたいな感じ。実際に来ているのは40人くらいで(自分を目当てに来ているファンは)本当は6人」と話す。

 MCの三四郎・小宮はこの惨状に「ノンフィクションとかじゃないよね? 絵に描いたような転落人生」と漏らす。

 西野は「今はファンの方のありがたみを実感する」と力説し、AKB当時のことを「ファンの方がいるのが当たり前。劇場公演を毎日やっても250人満員なのが当たり前だった。今は6人が『みきちゃーん』と言ってくれて、焼肉屋さんにも来てくれる。一生懸命応援してくれる6人に感謝している」と語った。

 卒業後はプレゼントにも変化があったという。AKB時代のプレゼントは“上限1万円”と決まっていた。西野は「電化製品も盗聴器が入っていたら怖いのでダメで、スニーカーやレッスン着が多かった」と明かす。そして今は“無制限”。西野は「お誕生日だとみんな奮発して『みきちゃん頑張っているから』って高級なブランドバッグをくれたりする」と変化について語った。今ではファンの名前も覚えるようになり、絆が深まったという。

 AKB時代、忙しくて眠いときは寝ながらファンに握手をしていたという西野。「もう眠すぎて。中学生だったので反抗心もあった。朝の9時から夕方までずっと握手会で、もう耐えられなかった。今だったらありがたいと思うけど、『そんな対応しちゃダメだよ。そんなことしているとファンの人がいなくなっちゃうよ』と説教してくる人もいた。反抗してしまって、どんどんファンも減っていった。本当に申し訳なかった」と、“AKB人生で最もファンに謝罪したいこと”を明かし、当時を振り返った。

 今ファンと接するときは「最高の笑顔を見せている」と話す西野。「良くなかったことを反省して、そんなことはもうしないと自分で決めてやっている」と語った。

 AKB48加入、そして卒業から紆余曲折あった西野の人生。果たしてどの芸人が即興漫才を披露することになるのか? さらに回答も“ヤング”すぎる爆笑大喜利コーナーも必見。 結末はAbemaビデオをチェック(期間限定・2018年8月19日まで) 。

【バラステ】若イッテンモノ
元AKB48西野未姫「絵に描いたような転落人生」
⇒ 【期間限定Abemaビデオが無料・2018年8月19日まで】
(※スマートフォンアプリ、FireTVStick、ChromeCastから視聴可能です)