舞台「おおきく振りかぶって」のツイッター公式アカウントが、セクハラまがいの写真を投稿し、削除後に謝罪するという騒動があった。

『おおきく振りかぶって』はひぐちアサによる野球漫画。主人公・三橋廉が西浦高校野球部で甲子園を目指すというストーリーだ。同作の舞台「夏の大会編」は9月6日〜17日にサンシャイン劇場(東京都豊島区)で、9月28日〜30日に梅田芸術劇場(大阪府大阪市)で上演される。

「みんな一つになっていく青春をみたいのであり、セクハラを見たいのではない」

問題になった投稿は、8月15日の練習風景をレポートしたもの。その日は、野球部の百枝まりあ監督を演じる女優・渡邊安理さんの誕生日だったという。

誕生日ケーキを持った渡邊さんを中心に、出演者らが周りに並んで記念撮影をしたのだが、その際、出演者らは自分の胸の前で、女性の胸を下から揉むようなポーズを取っていた。ツイートには「写真に写っているポーズの意図、皆さんはもちろんおわかりですよねっ」という文言が添えられていた。

この写真に対し、「セクハラ」という批判が続出した。百枝まりあは胸が大きいという設定のキャラクターだが、キャラクターを性的に扱うポーズに不快感を抱いた人が多かったようだ。

「男性キャストがこのジェスチャーをして女性を祝う神経を疑う(中略)セクハラだよ。端的に言って気持ち悪い」
「女優さんもいるのにそのポーズは完全セクハラだよね」

ツイートは削除され、公式アカウントは8月16日、

「【お詫び】本日の公式配信に不適切な内容があり、削除をさせていただきました。すべてのファンの皆様、原作、ひぐち先生ならびに版元様、出演者の皆様に不快な思いをさせてしまいましたことを深くお詫び申し上げます。申し訳ございません。再発防止に向けて一層気を引き締めてまいります」

と謝罪ツイートを投稿した。しかし、リプライには、

「男性俳優さんたちからのお詫びも待ってます」
「私たちは熱情的で、みんな一つになっていく青春をみたいものであり、セクハラとかを見たいものではない」

というコメントがついている。女性ファンの多い野球マンガだけに、失望した人も多かったようだ。