台風18号(ルンビア)が発生離れた場所でも大雨のおそれ

2018/08/15 13:45 ウェザーニュース

沖縄付近の熱帯低気圧が15日(水)13時30分に台風18号になりました。8月に入り立て続けに台風が発生、前半だけで8月の平年の5.9個を上回る6個めの発生です。中心の気圧は996hPa、中心付近の最大風速は18m/sです。

▼台風18号 15日(水) 12時現在 存在地域   久米島の北約130km 大きさ階級  // 強さ階級   // 移動     北 10 km/h 中心気圧   996 hPa 最大風速   18 m/s (中心付近) 最大瞬間風速 25 m/s

台風と湿った風で大雨の恐れ

16日(木)にかけて北上したあとは西よりに進路を変えて、中国大陸方面に進む見込みです。日本列島に直接影響することはありませんが、台風の東側を吹く湿った南東の風が前線に流れ込み、活動を活発にします。間接的に大雨をもたらしそうです。また、沖縄近海では波が2〜3mと高めになりますので、ご注意ください。

台風の名前「ルンビア」

ルンビア(Rumbia)は、マレーシアが提案した名称で、サゴヤシからとっています。台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。