米プロバスケットボール(NBA)、ヒューストン・ロケッツと契約したカーメロ・アンソニー(左、2017年12月7日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米プロバスケットボール(NBA)で通算10度のオールスター選出を誇るカーメロ・アンソニー(Carmelo Anthony)が13日、ヒューストン・ロケッツ(Houston Rockets)と1年契約を結んだ。ここ13か月で4チーム目となるロケッツとの契約金は、総額240万ドル(約2億6600万円)と伝えられている。

 ロケッツの公式ツイッター(Twitter)で写真入りで今回の移籍が発表されたアンソニーは、昨季のみ在籍したオクラホマシティ・サンダー(Oklahoma City Thunder)で78試合に出場し、キャリア最低の1試合平均16.2得点を記録。先月サンダーからアトランタ・ホークス(Atlanta Hawks)にトレードされた後、契約は解除されていた。

 レギュラーシーズン最優秀選手(MVP)のジェームズ・ハーデン(James Harden)やクリス・ポール(Chris Paul)がけん引するロケッツで、34歳のアンソニーは控え選手としてプレーするとみられている。

 2003年のNBAドラフトで全体3位指名を受けたアンソニーは、これまでデンバー・ナゲッツ(Denver Nuggets)やニューヨーク・ニックス(New York Knicks)などで15シーズンにわたりプレーし、1試合平均24.1得点、3アシストの通算成績をマーク。米国代表としてもプレーしており、五輪金メダルを3個獲得しているほか、得点とリバウンド数で同代表歴代1位を記録している。
【翻訳編集】AFPBB News