ダイエットをしたい、痩せたい‥」だけど暑くてお外で運動したくない。「ま、いっか。ダイエットは明日からにしよう」と口だけになっていたり、行動を起こさずにいる状態になっていませんか?その間にどんどん筋肉が低下し、脂肪が蓄積して気づけば一年が過ぎてしまっているなんてことも。今回はエステティシャンである筆者が教えるお家でできる運動をご紹介します。

暑い日でもお家でできる運動法とは?

ダイエットといえば食事コントロールや運動などが代表的ですよね。しかし、食事を極端に制限したり無理なダイエットをおこなうと栄養不足になったり、リバウンドの原因、美容だけではなく健康にもよくありません。

まずはバランスのとれた食事メニューと食べる量を見直すようにしましょう。体を動かし、筋肉を整え、脂肪を燃やせる体にすることがポイントです。しかし、この暑い夏は外での運動は水分をしっかり摂り、熱中症対策は必須。そんな時にお家でできる運動法をご紹介します。

■入浴中のストレッチによって不要な老廃物を汗として排出

毎日忙しい、暑いという理由からシャワーだけで済ませがちになっていませんか?エアコンによる冷えや汗をかいて肌表面が冷たいなど、暑くても体は冷えがちになっています。

40度以下のお風呂に20分〜30分ほど浸かりながら、腕や脚を伸ばすなどストレッチを取り入れるだけで、体の冷えを温めながら、じんわり汗が出るのでオススメ。さらに水圧効果でむくみがスッキリしますよ。

■お部屋でスクワット50回

足や腰回りなどの下半身痩せをしたいと思う方は、スクワットを取り入れましょう。10回×5セットでゆっくりと太ももに負荷をかけながらスクワット。体を動かすことで基礎代謝をアップさせましょう。

■バランスボールやフラフープを使って体を動かす

バランスボールに乗り、全身の筋肉の引き締めを意識しましょう。バランスボールに座りながら腕をまっすぐ伸ばし腹筋を意識してみたり、バランスボールに乗りお腹でバランスを取りながら背筋やヒップアップを意識する、床に座った状態で両足でバランスボール挟んで持ち上げるなど、様々な使い方ができます。

フラフープを使ってウエストのくびれを意識することも◎

■ヨガポーズで全身ストレッチ

体をストレッチするように全身を伸ばすヨガのポーズを取り入れて、体を大きく動かしてみましょう。緊張していたり、凝ったりしている部分の筋肉を動かしほぐすことで血流が良くなるのでオススメ。

お外であればウォーキングやジョギング、スポーツなどによって運動を取り入れることができますが、暑過ぎたり、雨の日の外出は億劫になりがちに‥。そんな時は家でできる運動を、30分から1時間でもいいので自身のルーティンにしてしまいましょう。

体を動かすことで徐々に筋肉が強くなり、脂肪を燃焼しやすい体にし、さらに引きしまっらボディラインにもなるので「スッキリした?痩せた?」と言われるような体に変化するかも!ぜひ参考に取り入れてみてくださいね。


寒川あゆみ
エステサロンオーナー、美容家、美容ライター
提供記事をもっと読むPhoto by fotolia