三上延原作の同名人気シリーズを黒木華×野村周平のW主演で実写化した『ビブリア古書堂の事件手帖』が11月1日(木)に公開される。この度、若手最注目俳優である成田凌の出演が新たに発表された。

本作は、鎌倉の片隅にあるビブリア古書堂を舞台に、店主である篠川栞子が古書にまつわる数々の謎と秘密を解き明かしていく“古書探偵ミステリー”。極度の人見知りだが、驚くべき本の知識とプロファイリング能力を持つ文芸女子・篠川栞子を黒木華、過去の体験から本が読めなくなった特異体質を持ち、不器用ながらも誠実で憎めない五浦大輔を野村周平がそれぞれ演じる。監督を『幼な子われらに生まれ』の三島有紀子が務める。

成田が演じるのは、栞子の同業者で、漫画専門のネット販売を行う青年・稲垣。栞子とは、本好き同士として好きな本の話で意気投合し、次第に心を通わせる関係に。

旬の実力派俳優である黒木華、野村周平、成田凌、3人が繰り広げる恋の三角関係にも注目が集まるが、2人に対して成田は「黒木さんは、ご本人がお持ちの雰囲気に加えて、男前でかっこよく、力強さを持っている方。(野村)周平は、あんな俳優見たことないですね。彼とは同い年ですが、誰に対してもフラットで、いるだけで現場がすごく明るくなるし、愛おしいやつです」とコメント。

さらに自身が演じる稲垣の人物像について、三島監督から1900年代の詩人・中原中也のイメージと、イギリスのアシッド・ジャズアーティスト、ジャミロクワイの名前を伝えられていたという成田。成田演じる、飄々としながらも紳士的で、優しさと余裕を併せ持つ大人のモテ男に期待したい。

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』は11月1日(木)より全国公開

© 2018「ビブリア古書堂の事件手帖」製作委員会

映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド