電車の中で起きた「思いやりの連鎖」を描いたマンガに注目が集まっています。

電車の中で起きた思いやりの連鎖

LINEスタンプクリエイターのwakutaさん(@_wakuta)は8月5日、「電車で起きた連鎖の話」というタイトルのマンガをTwitterに公開しました。

この日、wakutaさんが電車に乗車していた際、目の不自由な男性が乗ってきました。

するとwakutaさんの目の前にいた女性が、すぐ男性に席を譲ったそうです。

Twitter/@_wakuta

しばらく乗車したあと、その男性はある駅で下車。wakutaさんが降りる駅も偶然、男性と同じでした。

なんとなく男性の事が気になり…

なんとなく、男性の事が気になり、声をかけることにしたwakutaさん。

すると男性から、別な沿線に乗り換えたいと言われたそうです。

Twitter/@_wakuta

そのため、その沿線まで男性を連れて行くと、ちょうどホームに電車が停車していました。男性と一緒に電車に乗ってみたものの、空いている席はない模様。

しかし、wakutaさんは何を思ったのか、目の前にいたおじさんに「あのー 空いてる席ってないですかね」と聞いてみたそうです。

Twitter/@_wakuta

おじさんは車内を見回して「無さそうですね」とwakutaさんに伝えました。

すると、そのやり取りを見ていたカップルがなんと席を譲ってくれました!

めっちゃ連鎖 すごい連鎖

さらに、wakutaさんがこの電車に乗らないことを察知したおじさんが、男性の案内係を代わってくれたそうです。

Twitter/@_wakuta

wakutaさんは出発した電車を見送りながら、「めっちゃ連鎖 すごい連鎖」だと思ったそうです。

次々と優しい人たちに出会って不思議な気もしますが、みんなの思いやりのある行動にほっこりしてしまいます。

ツイートには「優しいは連鎖するんですね!」「皆さんの優しさに心が温まりました」などの声が寄せられ、「いいね」も10万件を突破していました。

いい意味で思いやり感がなく

電車の中で起きた出来事をマンガにした理由について、wakutaさんはこう語っています。

今回のような思いやりみたいなことが「特殊なこと」のように取り上げられる中で、いい意味で思いやり感がなく、ただの日常のような流れで連鎖が続いたことが不思議な経験だったので描いてみました。

自然に思いやりのある行動をすれば、周りにいる人たちにも優しさが伝わって連鎖していくようです。

wakutaさんのマンガやLINEスタンプが気になる方は、ぜひTwitterアカウント(@_wakuta)をチェックしてみてください。

※この記事のツイートと画像はwakutaさんの許可を得て掲載しています。