8月8日、米女優アンジェリーナ・ジョリー(右)と離婚協議中の俳優ブラッド・ピット(左)は、別離以来、子供に対して十分な支援を行っていないとの申し立てを否定し、ジョリーはメディアを操作しようとしていると批判した。写真は2014年5月撮影
 - (2018年 ロイター/Andrew Kelly)

写真拡大

[ロサンゼルス 8日 ロイター] - 米女優アンジェリーナ・ジョリーと離婚協議中の俳優ブラッド・ピットは8日、別離以来、子供に対して十分な支援を行っていないとの申し立てを否定し、ジョリーはメディアを操作しようとしていると批判した。

 ピットの弁護士は、ロサンゼルスの裁判所に提出した文書で、2016年の別離以降、130万ドル(約1億4,400万円)をジョリーと6人の子供たちに支払ったと述べた。また、ジョリーが新たな家を購入するため、800万ドルを貸したことも明らかにした。

 これに対しジョリー側の弁護士は、ピットが借金に金利を要求したため、子供たちの養育費のほとんどはジョリーが負担せざるを得ない状況にあると反論。「ブラッド側の主張は、彼が法的な義務を十分に履行していないという事実から目をそらし、真実を曖昧にしようとする試み」と非難した。

 ジョリーは7日、ピットとの離婚協議が2016年9月の離婚申請から2年近く経つのに決着していないことについて、今年中の離婚成立を望むとして裁判所に文書を提出。ピットが子供たちに対して十分な養育費を支払っていないと申し立てていた。