男子ゴルフ米下部ウェブ・ドットコムツアー、エリーメイ・クラシック2日目。7番でラフからショットを打つステフェン・カリー(2018年8月10日撮影)。(c)Ezra Shaw/Getty Images/AFP

写真拡大

【AFP=時事】米プロバスケットボール協会(NBA)のゴールデンステイト・ウォリアーズ(Golden State Warriors)でプレーするステフェン・カリー(Stephen Curry)は10日、2年連続で出場している男子ゴルフ米下部ウェブ・ドットコムツアーのエリーメイ・クラシック(Ellie Mae Classic)で2日目のラウンドを終え、通算17オーバーの最下位で予選落ちとなった。

 米カリフォルニア(California)州ヘイワード(Hayward)のTPCストーンブレイ(TPC Stonebrae)で行われている同大会で、アマチュア選手として出場していたカリーは、合計36ホールを終えてトップから33打差、カットラインからは13打差をつけられたほか、最も順位が近い選手からも10打差というスコアに終わった。

 首位に立ったアレックス・プルー(Alex Prugh、米国)は、この日「60」という好スコアを記録し、通算10アンダーで2位に2打差をつけている。

 カリーは前回大会でも2日連続の「74」をマークし、カットラインから11打差の通算8オーバーで予選落ちを喫した。この日はパー5の3番でクアドループルボギーとなる9打を要したほか、パー4の7番でもトリプルボギー、パー4の8番でダブルボギーをたたいてしまった。
【翻訳編集】AFPBB News