アジア競技大会日本代表選手選考会にて『ウイニングイレブン2018』の代表選手として選ばれた杉村直紀選手(選手名:SOFIA、写真右)と相原翼選手(選手名:レバ)。コナミデジタルエンタテインメントのニュースリリースでも本名と選手名が併記して掲載されています(筆者撮影)

8月18日に開幕するアジア競技大会(ジャカルタ)で、デモンストレーション競技として、eスポーツが採用されています。日本からは、『ウイニングイレブン2018』に杉村直紀選手(選手名:SOFIA)と相原翼選手(選手名:レバ)、『ハースストーン』に赤坂哲郎選手(選手名:Tredsred)の3選手が東アジア予選を勝ち抜き、見事出場が決まりました。

そういった背景により、ますますeスポーツが一般スポーツと同様の扱いになってきています。そうなってくると現状のeスポーツ界隈とリアルスポーツとの文化のズレが散見されるようになりました。

その1つが、プレーヤーネーム問題です。

プレーヤーネームを使う背景

先ほど紹介したアジア競技大会の選手に(選手名:○○)と記載したように、多くのeスポーツ選手にはプレーヤーネームが存在します。選手がプレーヤーネームを使う背景としては、eスポーツで扱われているタイトルの大半が、オンラインゲームが由来となっている点です。ネット社会では身バレを防ぐために、ハンドルネームなどの匿名を使って活動をしています。

当然、オンラインゲームも、SNSや掲示板などネットでの活動と同様に、ハンドルネームやプレーヤーネームを使って活動をしてきています。オンライン上だけで大会を開き、そこだけで完結していれば、それはそれで問題がなかったのですが、eスポーツ化することで、決勝大会などはオフラインで行い、顔出しもするようになりました。

顔出しした以上、プレーヤーネームを使う必然性はなくなったのですが、それまで使っていたゲームでのIDが、そのタイトルではアイデンティティとして存在している以上、そのプレーヤーネームを使う必然性があったわけです。

そういったネット文化に帰属するものであったので、プレーヤーネームはそのまま使われ続けてきたわけですが、eスポーツがスポーツの1つとして、さらにはアジア競技大会のような国際的なスポーツ大会へ出場するとなると、どうしても浮いた存在になってしまいます。

アジア競技大会に出場するとなると、サッカーや陸上競技、水泳などの日本代表選手と肩を並べなくてはなりません。eスポーツ選手以外のスポーツ選手が本名を名乗っている以上、eスポーツ選手がプレーヤーネームを使うのに違和感を覚えてしまうわけです。

多くのeスポーツ選手のトップランナーは、本名を開示しているケースが多く、ネットの本名を晒す行為を避けるといった感覚ではないようです。それでも多くの選手がプレーヤーネームを未だに使い続けているのには、これまでeスポーツを応援してきたファンに対して、急な呼び名の変更による混乱を避けるためであるわけです。

昨年8月、アメリカのラスベガスで開催された「EVO 2017」の『ストリートファイターV』部門で優勝し、8月3〜5日に同じくラスベガスで開催された「EVO 2018」でも『ストリートファイターV』部門で準優勝を果たしたときど選手は、出演したテレビ番組で谷口一と紹介されており、東洋経済オンラインの記事で登場していただいた『大乱闘スマッシュブラザーズ』のトッププレーヤーのあばだんご選手も河村裕太として取材を受けていただきました。対戦格闘ゲーム界のレジェンド的存在である梅原大吾選手は、ウメハラという表記や海外でbeastと呼ばれることがあっても、基本的には本名で活動をしています。

ほかにもオンラインゲーム由来でも、アジア競技大会の種目に選ばれたタイトルの日本代表選手選考会で勝ち抜いた選手はすべて本名を公表しています。

リアルスポーツにおいても、リングネームなどの選手名を付ける選手はいないわけではありませんが、こちらもほぼ廃れた文化になりつつあります。プロレスやプロボクシングなども30〜40年前は、リングネームを付けているのが当たり前でしたが、現在、リングネームを付けている選手はかなり希少な存在です。プロレスの場合は、マスクマンという特異な存在があり、その場合は現状に当てはまっていないので、すべてというわけではありません。

eスポーツ界隈も、徐々にではあるものの、プレーヤーネームを使わなくなっていく方向に進むのではないでしょうか。

実況者は本名を使っている

もう1つeスポーツの流れで、プレーヤーネームを使用しているのが、動画配信で実況や解説をしている方々です。彼らももともとはゲームプレーヤーであり、選手を兼ねていることがほとんどです。したがって、プレーヤーネームをそのまま実況や解説をするときも使用しているのが現状です。

しかし、スポーツ実況を行っている人にプレーヤーネームを使っている人はほとんどいません。先日、朝日放送のアナウンサーだった平岩康佑氏が独立し、eスポーツ専門のアナウンサーとなりましたが、当然、本名での活動となるわけです。

eスポーツの実況をしている人の中には10年以上のキャリアを持ち、テレビやラジオなどの放送局のアナウンサーと同等の経験を積んだ方もいますが、プレーヤーネームのせいで、放送局のアナウンサーと同格には見られなくなってしまう可能性はあるわけです。

そこでeスポーツの実況をしている方々に現場の意見として、現在プレーヤーネームに関してどう考えているのかを聞いてみました。すでに本名で活動している方もいますが、まずは本名を公開しているかという質問を投げかけてみました。

本名を公開しているか?

『鉄拳』シリーズや『ストリートファイター』シリーズなど、格闘ゲームの実況を数多くおこなっているハメコ氏はこう語っています。「『鉄拳7』公式大会など、機会は少ないですが「金子“ハメコ。”紀幸」という形で出演していることもあります。プロフィールにも本名は掲載しています。なお、コミュニティ外でやり取りが増えそうなことを踏まえてEVO Japan 2017関連では本名のみで活動していましたが、それによる受け取られ方の違いは特に感じませんでした」(ハメコ/金子氏)

格闘ゲームを中心に実況をしているアール氏は「Twitch(ライブストリーミング配信プラットフォーム)に入社したタイミングで、プレスリリースにて本名とプレーヤーネームを公表しています。最初に本名を公開したのは、2000年に開催された『CAPCOM vs. SNK』の全国大会です。本名登録での参加だったので、その大会で準優勝したときの記事掲載されたときに、周知されたと思います」。

レインボーシックスシージをはじめとするFPSゲームの実況を行っているeスポーツチームポノス所属のトンピ氏は「福岡智洋と、すでに本名は公開しております。直近の電気通信大学主催のシンポジウムでは、資料内に本名記載するなど、社会人としての活動も皆さんに見ていただきたいと思っています」と回答。


StanSmithから5年前に本名での活動に変更した岸大河氏(写真:本人提供)

FPSをはじめMOBAやMMOなどさまざまなゲームカテゴリーで実況を行っているStanSmithこと岸大河さんはすでに5年前から本名で活動をしています。

「プレーヤーとして最初誌面に登場したときに本名も載せる必要があり併記してもらいました。当時は誰が実況をやっているか興味を持っている人も少なく、自分の名前が浸透していると思ってませんでしたので、本名に切り替えることは別段、気にもかけませんでした。本名にしたことにより、名前の読み方や書き方の説明をすることもなく、かえって楽になりました。また、仕事上では信頼関係も築きやすくなったのではないでしょうか」(StanSmith/岸氏)


クラロワリーグでは解説も務めるYoutuberのドズル氏(筆者撮影)

『クラッシュ・ロワイヤル』でトッププレーヤーとして活動しながら、「クラロワリーグ」で実況も担当しているドズル氏は「現在は本名を公開していません。する予定も今のところありません。公開しないのは特に深い理由があるわけではなく、逆に公開する理由がないと思っているからです。公表自体はいつしてもいいと思っています」とのこと。

プレーヤーネームと本名がリンクしている人はまだまだ少ない感じですが、それでも本名を公表している人が大半という結果になりました。次に、公表している場合や今後公表する予定を考えたとき、現状のプレーヤーネームから本名への移行を考えているかも聞いてみました。

本名への移行を考えているか?

「私の主な活動範囲である格闘ゲームに関していえば、その魅力の源泉は、アーケードコミュニティから連綿と受け継がれた歴史それ自体にあるととらえています。新しい世代の方々がどういった選択をするのかはわかりませんが、アーケード時代からの活動を続けてきた身としては、その歴史の痕跡を自ら消し去ってしまうようなことはできそうもありません」(ハメコ/金子氏)

「今後、公式的にプレーヤーネームを名乗るか、本名を名乗るか、現時点では特に決めておりません。理由としては海外では、キャスターが本名を名乗るケースが多くなく、プレーヤーネームで認知されており、私も海外ではアールとして認知されているからです。今後、日本のeスポーツシーンでキャスターが本名を名乗ることが増えてきた場合、臨機応変に対応し、本名を名乗るイベントも出てくるかもしれないと考えています」(アール/野田氏)

「現在はまだシフトするという考えはありません。自分のハンドルネームは本名をもじった名前のため、愛着があり独特な名前ゆえに覚えてもらえているという節があるからです」(トンピ/福岡氏)

「本名を公開するのと同様に、シフトする理由ができれば、その際、検討します」(ドズル氏)

「eスポーツプレーヤーのトップレベルの人たちは、本名を公開している人が多くなっています。ヨーロッパだとプレーヤーネームの選手も多いですが。本名を使うメリットとデメリットは両方ありますが、本気でeスポーツを取り組む人は本名で活動したほうが得な気もします。本名を公開するのを嫌う人は、結構何かやらかしてしまう感じの人というのもあると思います」(StanSmith/岸大河氏)

多くの現役eスポーツキャスターは、必要があれば本名に移行することもやぶさかではないと考えているのもわかりました。ただ、これまでの活動実績とプレーヤーネームとして認識している人がいるため、アイデンティティとしてプレーヤーネームを使用するという意見が、もっともな意見として腑に落ちました。

また、海外では地域差があるものの、プレーヤーネームをデフォルトとしている地域も多く、eスポーツの世界標準をベースとして考えるのか、日本のスポーツシーンをベースとして考えるのかでも、意見が分かれそうなところです。

プレーヤーネームでの活動と本名での活動のどちらが主流になるかは、未知数であるとしか言いようがないですが、それはこれからeスポーツに興味を持ち、参加してくる将来のファンや選手にかかってくるのでしょう。

いっそのことeスポーツという括りを撤廃してしまえば、こういった悩みや問題もなくなるとも言えるのですが――。