パチンコ店で指名手配犯と隣り合わせて…

写真拡大

 警察の内部事情に詳しい人物が関係者の証言から得た、警官の日常や刑事の捜査活動における驚くべき真実を明かすシリーズ。今回は、元刑事がパチンコ店での指名手配犯逮捕の一幕を回想。

 * * *
「あっ!と思ったら、隣に犯人がいたんだよね。それも自分が指名手配した犯人がさ」と元刑事は苦笑いした。そんなまさかの逮捕劇が、一昔前、八王子のあるパチンコ店で起きたのだという。

 最近では警察ドラマの中で、パチンコ店でのシーンを見ることはほとんどない。だが昔の刑事ドラマや任侠映画では、刑事が情報屋やワケありの者を探す場としてパチンコ店がよく使われていたのだ。

「今は少なくなったけど、昔はパチンコ屋で時間を潰している刑事もけっこういたよね。遊んでいるように見えるけど、実際は泥棒が来たり、いろんなのが来たりするから、そういう名目もあってパチンコ屋にいたんだけど、まぁ自分も楽しんでいる部分はあったね。俺もけっこう好きだったから、よく行ったし(笑い)」

 非番のその日も、元刑事は所轄管内にある八王子のパチンコ店に出かけた。当時、髪にはパンチパーマをかけ、着ていたのはジャージー。その姿は、ちょっとそのスジの人に見えたはずだ。

 パチンコ店に入ると、ある台の前に座った。早く当たれと思うのだが、なかなか当たりがこない。どんどん熱が入り、台とにらめっこ状態が続いた。誰が横に座ったのか周りなど気にすることなく、ただただパチンコに夢中になっていた。

 台がひと際大きな音を立て、仕掛けがカラフルに回転する。「おっ当たった!」。台がフィーバーし始めたのだ。ようやく、ほっと大きく息を吐いた。それと同時に余裕も出てきて、ふと周りが気になった。何気なく、横に目を向けたその瞬間、

「あっ!」

 思わず出そうになる声を飲み込んだ。台を一つあけた隣に年配の男がいた。その顔に見覚えがある。写真のあの顔が脳裏に浮かんだ。自分が毒劇物取締法違反で指名手配をしたやつだ。

「いた!」

 全身に緊張が走る。だが、男の足元には出した玉を入れた箱が積み重ねてあった。昔は今みたいにカードで玉がキープできる仕組みはなく、出した玉は、専用の箱に入れ足元に積んであった。

 それを見た元刑事、「えっ? ずいぶん出しているじゃないか。やつがここに座ってから30分は経っているんじゃないのか? 俺はパチンコに夢中で、今までやつに気付かなかったのか…」──そう思った途端、瞬間的に動いた。応援を呼ぶだけの余裕が彼にはなかったのだ。

 すぐさま男に声をかける。

「○○さんだよね?」

 名前は今も覚えている。確か「さん」付けで声をかけたという。

「あぁ、そうだけど」

 面倒くさそうな声で返事をしながら、男が怪訝そうに振り向き、元刑事を睨みつけた。

「こいつだ!」

 非番とはいえ警察手帳は持っていた。睨みつけている男の顔の前にすっと手帳を差し出した。勢い、男は立ち上がり、慌てて逃げ出そうとした。その身体に元刑事が飛びかかる。

「やつは50くらいの年配で、俺は若かったから、逃げられるなんて全然思わなかったんだ」

 本当なら犯人を見つけた時、電話をかけて応援を要請し、それを待って犯人を囲んで捕まえるべきだったという。だが隣にいる男を見た瞬間、そんな手順を忘れ、すぐに声をかけしまった。

「そのパチンコ屋は男が来るかもしれないと予想されていた店だったんだけど、まさか隣に座っていて、しかもそれに自分が気付かなかったというのは、さすがに想定外だったんだ」

 逃げようともがく男の身体をがっちりと抑え込み、二人はそのまま床に倒れ込んだ。その拍子に積み重ねられていた箱が音を立ててひっくり返り、中からパチンコ玉がジャラジャラと転がり出てくる。逃げるのに必死な男と逃がすまいと必死な元刑事の取っ組み合いに、客たちは逃げ出し店内はパニックに。

「ヤクザもんがケンカしている」

 所轄の警察署に、そう110番通報が入った。駆けつけた警察官らは、取っ組み合っている二人をその場で捕まえた。

「格好が格好だったから、最初は本当にヤクザもん同士のケンカだと思われてね。応援が来たというより、状況を説明しなくちゃいけなかったよね」

 元刑事は頭に手をあてて苦笑いをした。

 犯人は元暴力団員の塗装工。少年たちにシンナーや劇毒物を違法に流していた売人だ。シンナーを買った少年の証言から男を突き留め、指名手配したのがその元刑事だったのだ。

「だからよく顔は覚えていたんだよ。そうじゃないとなかなかね。非公開だったけど、交番には写真付きの手配書を回し協力要請していたしね」

 元刑事は犯人の男を無事に逮捕。男は取り調べで全面自供した。パチンコ仲間として心を開いてくれたのだという。

「だから、その後もパチンコ屋にはしょっちゅう行ってたかな」

 元刑事にとっては捜査の成功談であり、あやうい失敗談でもあった。

「泥棒の係の時は、常習犯を追っかけていると、昼間はパチンコ屋なんかで遊んでいて、夜になったら泥棒に入ったりね。やつらも時間潰しにはパチンコ屋が多かったみたいだな」

 パチンコ店というのは、当時、刑事にとっては捜査上の重要なポイントの一つであったのだ。

「今は仕事中、パチンコはやれなくなりましたよ。ちゃんと届けを出さないといけないんだ。例えば、犯人が毎日パターン的にそのパチンコ屋に行くというのがわかっていれば、張り込みするのにそれを予定に書き込んでおかないといけないんだよ。だからなのか、最近の刑事はあんまりパチンコ屋には行かないね」

 刑事たちが行かなくなったのは、犯罪に関わる人間たちもパチンコに行かなくなってきたからともいえるのかもしれない。では、彼らは今後、どこへ向かうのか?

 先月、カジノ法案が成立した。そのうち刑事の予定にカジノの名前が書き込まれ、警察ドラマでもカジノでの捜査シーンが登場するのだろうか。